タグ:観光施設 ( 25 ) タグの人気記事
“山海絶景”の“新天地”・・・別府湾S.A.の遊歩道
連休中に女房殿と出かけた“日帰り”の“遊休ドライブ”・・・自宅を出てから・・・気の向くまま・・・先ずは、改装になったNEXCO大分道“別府湾サービス・エリア(S.A.)”に・・・“スマートI.C.”を利用して立ち寄ってみました・・・。

c0001578_10485340.jpg高速大分道の中で最も“美しき眺望”の“ビュー・スポット”・・・“山海絶景”のS.A.であると・・・自他共にお認めいただけるのではないでしょうか・・・。

そのS.A.が大改修され・・・“売店”、“食堂”、“休憩所”、“自販機コーナー”、“トイレ”という画一的なサービス空間から“一変”し・・・“上り線”スペースと“下り線”スペース間を“遊歩道”で繋いで・・・その道中に、建つ2棟の建物が“レストラン&喫茶”と“蕎麦&丼処”というオリジナルな飲食店棟になっています・・・。

その上・・・その“遊歩道”自体がちょっとした“大分文化”の“オリエンテーション・ミニ・ロード”状態で・・・一服しながらその“景観”との相乗効果を楽しめるところが、なかなか好いと思います・・・。

“遊歩道”の詳細はMoreで、紹介しますが・・・散策後に“下り線”にある小高い丘の“展望台”から別府を眺めると・・・ほれ↓このとおり!・・・“山海絶景”の“ピクニック・ランチ”を満喫ですますよ・・・。(↓が320°のパノラマ・モンタージュ・・・画像をクリックすれば、大きく別表示します・・・)。
c0001578_10492470.jpg

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 遊歩道の“TIME HILLS”と・・・絶景で喰らう“とり天サンド”
by project-beppin | 2010-06-06 11:50 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その8)・・・いいちこ日田蒸留所“製造場見学”
“ひた やきそば”のあとは・・・“日田蒸留所”へ・・・。そうです・・・昨年来、話題の「いいちこ 日田 全麹」の蒸留所と云えば・・・皆さんにも、お分かりいただけるのではないでしょうか・・・。
 ♪ いつか かぁぜがぁ~ 散らした花もぉ~ 季節めぇぐりぃ~ 色をつけるよぉ~ ♪

c0001578_21574517.jpg約4年ほど前に・・・一度、訪ねたことがあるオヤジ(私)ではありますが・・・その折は、“製造場見学”はせず・・・“試飲ショップ”だけでしたので・・・今回の訪問では、“全麹 蒸留所”の“製造現場”を見させていただきます・・・。

しかしながら・・・師匠には、ゆっくりと“いいちこ”の懐深いさを“試飲”しながら“吟味”いただくことも・・・今回の“ミッション”ですから・・・先ずは、“試飲ショップ”へ・・・。

さすが、師匠・・・ショップ店員の勧める“原酒”の各銘柄の話を聞きながら、ワンショットずつ、丁寧に且つ豪快に“試飲”して・・・「全麹減圧蒸留 原酒」と「全麹常圧蒸留 原酒」に興味津々のご様子・・・ショップ店員もその師匠の“試飲っぷり”に興味津々・・・(笑)。

ひととおり“試飲”を愉しんでいただいたところで・・・“製造場見学”へ・・・“第1製造場見学コーナー”から順に、“貯蔵庫見学”コーナー、“第2製造場見学コーナー”と・・・各コーナーを巡ってみましょう・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 見学コーナー・・・“原酒の杜”
by project-beppin | 2010-05-22 22:18 | 焼酎文化考 | Comments(2)
“佐賀関”紀行(その2)・・・海と空の天望所“海星館”
道の駅“さがのせき”から製錬所の見える“佐賀関港”を通り過ぎ・・・“関崎”の突端へと山道を上って車を走らせます・・・。
c0001578_10494661.jpg

c0001578_10473669.jpgめざすは・・・“関崎海星館”・・・林間を抜けて山頂へと上りきると視界と眺望が開け・・・左折する案内板の向こうに・・・新緑の稜線に沿って海と空に溶け込むような青い天文ドーム屋根が見えます・・・。

ここからの“豊予海峡”の眺望・・・沖に浮かぶ“高島”と・・・水平線に霞んで見える四国最西端の“佐田岬半島”・・・晴天であればこその絶景でした・・・。

それから忘れてはならないのが・・・一般開放施設の天文台としても最先端であるという“天望所”・・・。

丁度、この連休中は・・・“鯉のぼり”とともに“関鯵・鯖のぼり”もお目見えしていて・・・オヤジ独りじゃ“もったいない”体験学習を楽しませていただきました・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ♪ 見ぃ上げてぇ~ごらん~ ・・・ ♪
by project-beppin | 2008-05-06 11:38 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
“憤怒の明王”の真意・・・真木大堂
“六郷”の一つ“田染郷(荘)”の“れんげ畑”の風景とともに佇む・・・国東六郷満山霊場 第4番札所 本山本寺・・・馬城山「伝乗寺」・・・。

c0001578_22455045.jpg旧くは“六郷満山”の寺院中でも36寺坊の霊場を有したこの大寺院・・・その各寺坊のご本尊を一堂に集めたのが「真木大堂」・・・。

寺院としての“本堂”や信仰の対象としての“御仏”に参拝するというよりも・・・宗教法人でありながら“収蔵庫”と呼ぶ場所での“ご本尊”拝観・・・。

“宗教空間”というよりも・・・“ご本尊”であった平安後期の“木造仏”のみを収蔵した“仏像博物館”と言った方が正しい表現かもしれません・・・。

収蔵庫内撮影禁止の“ご本尊”たち・・・国の重要文化財に指定された“阿弥陀如来坐像”、“大威徳明王像”、“不動明王像”、“四天王立像”、“二童子立像”であり・・・確かにその“仏教彫刻美術”的な秀でた造形美の価値が高いこともわかりますが・・・その“収蔵庫”での取り扱われ方には・・・“信仰の精神文化”と“六郷満山の地霊”を全く感じることができません・・・。

参拝料ではなく、拝観料を払って鑑賞する“平安木造仏”というのであれば・・・“大分県立歴史博物館(宇佐風土記の丘)”や“大分県立芸術会館”にでも収蔵していただいた方が、保存状態も展示鑑賞状態もいいでしょうね・・・。

このままの“拝金商業主義”的な“ご本尊展示”を続けるのが宗教法人たる「真木大堂」の本意なのか?・・・釈然としない気分でした・・・。

この“六郷満山”の信仰文化を敬愛する一介の俗人オヤジとしては・・・“憤怒する明王”の御影(みえい)が・・・“現世(この扱い)への憤怒”に思えるのですが・・・(哀)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 「真木大堂」の周辺風景・・・
by project-beppin | 2007-05-04 22:48 | 大分の風土・行楽 | Comments(3)
“未だ木鶏たりえず”・・・里の駅“双葉の里”
別府名物の“地獄”ではないのですが・・・“仕事漬け”から、やっと開放されました・・・(笑)。申し訳ないほど、ご無沙汰して・・・その間も毎日のようにご覧戴いた皆様、ありがとうございます、深謝 m(_ _)"m・・・。
今年も・・・一昨日の“なごり雪”・・・JH大分道は、別府から日田まで“通行止”でしたよ・・・。

c0001578_0372256.jpg


c0001578_0375756.jpg思えば・・・“宇佐”紀行も書き残したままになってましたので・・・記憶を辿りながら・・・まずはこちらから・・・(笑)。

“東光寺 五百羅漢”から海岸側の県道23号線に出て・・・中津方面へしばらく向うと・・・里の駅双葉の里”・・・。

そう、宇佐生まれの“双葉山”・・・その“生家”と展示室と休憩販売所・・・。

ドライブの休憩がてらと思ってると・・・ついつい長居してしまいました・・・(笑)。

まずは入場無料の展示室・・・“双葉山定次”の偉業を“相撲ダイジェスト”で楽しむことができます・・・ビデオ放映されている当時の“名勝負”も・・・アナウンサーの実況に臨場感があって・・・見入ってしまうんです・・・。

そして、その奥に復元された“生家”・・・茅葺屋根のこじんまりとした家・・・土間の“おくど”で火を熾している様子が思い浮かびます・・・。

この慎ましやかな暮らしで養った精神力が・・・“双葉の前に双葉無し、双葉の後に双葉無し”の69連勝・・・“未だ木鶏たりえず”・・・その後“時津風部屋”を興し、相撲協会理事長・・・と“相撲道”を極める根源であったのではないでしょうかね・・・。

郷土の偉人に“学ぶべきこと”は・・・その偉大さの礎を培った生い立ちと風土にあるような気がします・・・。

休憩販売所では・・・“漬物”や“いりこ”を試食しながら無料でお茶をいただけて・・・土産に乾物の長浜名物“あみえび”を買い求めました・・・。

More “展示室”と“生家”・・・
by project-beppin | 2007-03-17 23:53 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
“球磨焼酎”揃い踏み・・・阿蘇山ロープウェイ売店
阿蘇“中岳”火口は見ることができませんでしたが・・・オヤジには驚きの“売店”の光景を見ることができました・・・。

c0001578_0374249.jpg“阿蘇山ロープウェイ”の売店を物色する中で・・・本能の如く売店の“お酒コーナー”に吸い寄せられるオヤジ・・・(笑)。

そこに・・・このディスプレイです・・・。

円卓上には105ml“ミニチュア瓶”・・・そうです・・・熊本が誇る“球磨焼酎”が約20銘柄・・・可愛くも“これでもか!”っと言わんばかりに・・・並んでいます・・・。

嬉しいじゃないですかぁ~・・・こういう“揃い踏み”・・・。
まるで・・・子供が駄菓子屋でお菓子を選ぶのを迷うかのように・・・“童心”に帰ってミニチュア瓶を順に手に取り眺めるオヤジ・・・そのうち、ニマニマしながら・・・“英世”2枚分8本を“大人買い”・・・(笑)。

奥の棚には・・・4~5合瓶の球磨焼酎が目白押し・・・あの「かめ仕込み 球磨の泉」、「常圧 極楽」などの憧れの銘柄や・・・珍酎スピリッツ50°「球磨火酎(くまほーちゅう)」などまで・・・こちらにも食指が動きましたが・・・(女房殿に睨まれ・・・)断念・・・。

道を挟んで反対側にあるお土産店にも・・・俗に言う「白 いつき」や「黒 いつき」なども・・・。

それと・・・阿蘇の“御神酒”と言えば・・・清酒「神の杉」・・・ワンカップなども・・・。

いやぁ~、これだけでも・・・ここまで来て“良かった”と思えましたが・・・この奥隣には“立ち飲みコーナー”まであるとは・・・さらに感服いたしました・・・。

More “立ち飲みコーナー”・・・
by project-beppin | 2006-10-20 00:45 | 旅先の風土・行楽 | Comments(0)
阿蘇で“動物”と遊ぶ・・・カドリー・ドミニオン
“阿蘇外輪山”を下って、R57号線に入り・・・まずは、次男坊の“リクエスト”を叶えようと・・・動物エンターテイメント・テーマパーク・・・“カドリー・ドミニオン”へ・・・。

c0001578_16545138.jpgお目当ては・・・テレビで見たチンパンジーの“パンくん”とブルドックの“ジェームズ”・・・“友情”を感じる“犬猿の仲”だそうで・・・(笑)。

ここは・・・一昔前まで“阿蘇くま牧場”という施設だったんですが・・・今は、遊園地でもなく、動物園でもなく・・・身近な動物達と触れ合えるアナログな“動物村”と行った感じで・・・楽しめます・・・。

園内には・・・飼い犬を連れて入って“ドッグラン”を楽しめるスペースがあったり・・・動物のショーを見て、小動物たちに触れて、世界中の熊たちに餌をやって・・・。

次男坊は「パンくんとジェームズは利口やなぁ・・・」と・・・“みやざわ劇場”で見たステージが印象深かったようです・・・。

More 園内は・・・
by project-beppin | 2006-10-15 17:05 | 旅先の風土・行楽 | Comments(2)
“Science”も“チョット、チョット”・・・スペースワールド
晴天の“夏休み”が続いていますね・・・。先週の日曜日・・・女房殿と次男坊を伴って北九州へ・・・。

c0001578_144134100.jpg女房殿が見たいのは“博物館の企画展示”・・・次男坊が遊びたいのは“テーマパーク”・・・ということで“スペースワールド”・・・。

朝イチから入場すべく、7時過ぎには家を出たのですが・・・遠出の経験が少ないオヤジは道に迷い・・・結局、10時をまわって現地入り・・・オヤジの威厳なく“ブーイング”・・・(笑)。

家族では始めての“スペースワールド”・・・夏休みですから、どのアトラクションも“待ち時間”とやらで“並ぶ”のを覚悟してたのですが・・・“絶叫系”に興味を示さない次男坊の“おかげ”(笑)で・・・オヤジも楽しめました・・・。

“絶叫系”アトラクション以外のものは・・・室内型の“宇宙体験系”アトラクションもあって・・・チョットだけ“ガンダム”的な“科学”も感じます・・・。

帰りの車の中・・・次男坊が女房殿に「“大気圏”に突入するにはな・・・“空気の抵抗”があるんやぁ~・・・やけん(だから・・・の意)、“重力”と“揚力”をうまくコントロールしてな・・・“摩擦熱”で燃えんような“突入角度”っちゅうんがあってな・・・」・・・と得意気に説明してました・・・(笑)。

「ちぃ~と(少しは・・・の意)は、勉強になったのぅ・・・」とオヤジが言うと・・・

「そやな・・・“チョット、チョット”やな・・・」

ご満悦で・・・何より・・・。

More スペースワールド
by project-beppin | 2006-08-05 14:47 | 旅先の風土・行楽 | Comments(4)
“梅栗植えてハワイに行こう”・・・農園ショップ「木の花ガルデン」
大山川を下って国道212号線を日田市内へと向えば・・・今では大人気の大山町農協(JA大分大山町)直営・・・アンテナショップ「木の花ガルデン」があります・・・。

c0001578_9195590.jpg国道沿いの川縁に新緑に包まれて・・・白壁の建物が建ち並んでいて・・・如何にも“奥様方”の好きな“オーガニック”な風景に溶け込む感じがあります・・・イメージ戦略も“お見事”・・・。

“大山町農協”・・・昭和30年代、日本中が“米作一辺倒”の時代に・・・少ない耕地を水田から果樹園に転換することで・・・土地効率の高い換金作物として“梅と栗”や“きのこ”の栽培を奨励するという・・・“逆転の発想”に賭けた山間地農協の挑戦・・・。

その後は・・・日々価格変動する“一次産品市場”から脱却して・・・価格決定権を持ち、日持ちする“農産加工品=二次製品製造直販”体制を確立・・・。
同時に・・・徹底した安全安心な品質を追求・・・。

国や県の画一的な政策に・・・“おんぶに抱っこ”して、自ら思考回路を麻痺させなかったところが・・・この農協のすばらしいところでしょう・・・。

その結実した・・・ひとつの姿が・・・このアンテナショップに現れていると・・・。

もちろん・・・我が家の女房殿も・・・そのイメージ戦略を見逃すわけがありません・・・(笑)。

お目当ては・・・この中の一角にあるオーガニック農園の“農家もてなし料理バイキング ”です・・・。

More 農家もてなし料理バイキング・・・
by project-beppin | 2006-05-01 11:50 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
大山川・・・筑後川源流“道の駅”
午前中、休みをとって・・・女房殿の所用につき合って日田市大山町へ・・・。

c0001578_20485118.jpg水辺の郷 おおやま”・・・大山川の河川敷を整備した“道の駅”・・・。

河川敷に下れば遊歩道となっている“川中島”も歩けます・・・。

天然鮎の・・・塩焼、うるか、甘露煮・・・川魚の旨さを味わえる売店が充実しているドライブインです・・・。


ここから、もう少し下れば・・・“玖珠川”と合流して“三隈川”となって・・・さらに下流で“筑後川”・・・“有明海”へと注ぐ九州山地の“津江山系”を下る川・・・大山川の風景・・・水清き里・・・。
↓ 180°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)

c0001578_20493114.jpg

運転手でなければ・・・“鮎うるか”にワンカップ「豊の国」で一杯・・・だったんですが・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-05-01 10:10 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)