“全麹”の富貴な“麦香甘露”・・・「いいちこ日田全麹」
今年も残すところ2週間を切りましたねェ~・・・オヤジの忘年会も残すところあと一回となって・・・年を締めくくる“飲み会”にしたいのですが、はてさて・・・?

c0001578_9413686.jpg毎年ですが・・・“忘年会”となると女房殿に面倒をかけるオヤジですので・・・今年は“午前様戒厳令”が布かれてしまいました・・・(笑)。

ですから、この土曜日(20日)は・・・おとなしく我が家で過ごしていたので・・・それらしい“酒肴”を戴けました・・・。

女房殿のオリジナル“煮込み骨付き豚”・・・酢と醤油に生姜と長葱でコトコト煮込んで・・・砂糖と料理酒で味を整えた“和風スペアリブ”ですな・・・。

いつもはオヤジの“定席”となっている食卓席側で“年賀状”の下絵を夢中で作ってる女房殿にブツブツ言われながらも・・・オヤジは晩酌に“傾酎”します・・・(爆)。

さぁ、その晩酌銘柄は・・・先月から“坂本冬美”の歌声“CM”で一番気になっていた“大御所”三和酒類さんの新作・・・一大ブランド「いいちこ」の名も冠し、敢えて“日田蒸留所”の存在を誇示した“全麹仕込み”の逸品・・・『いいちこ日田全麹』・・・。

この福与かな甘き香り・・・湯呑に注ぐ時にも豊かに香る“麹甘い”芳ばしさ・・・決して“ビター”な“ガツン系”を“追随”していないことが明瞭な“酒質設計”だと期待させます・・・オヤジは勝手に湯4:酎6の“お湯割り”にしましたが・・・口元に近づけても湯気まで和らぐ芳しさ・・・。

一口含んで・・・鼻腔と口中に浸潤する麹由来の富貴な甘旨みとアルコールに伴って拡散する苦芳ばしさの口あたりと複雑に交錯する辛口な喉ごしの主張・・・実に“味のある”焼酎です・・・。

風味の余韻という意味では、甘露な香味が・・・飲み応えという意味では、辛口な残響が・・・如何にも“全麹”に“傾酎”したオリジンな旨さ・・・味わいをどこまでも“独特”に設計しているところからすると・・・“ガツン濃厚タイプ”ではなく“リッチ特旨タイプ”と呼びたくなる感じ・・・。

“全麹”の富貴な“麦香甘露”・・・この味わいに秘めた“思想”に「いいちこ」らしい“酒質キャラクター”が見え隠れするようで・・・またまた、楽しめる“麦焼酎”の味わいが広がったと・・・悦ばしく思えるのであります・・・。

■「いいちこ 日田 全麹」(三和酒類:宇佐市/不明:大麦麹)25度・・・リッチ特旨タイプ
 発ち放つ麹香ばしい甘みの芳しさと鼻腔と口中に浸潤する柔らかくも富貴な甘旨さに舌上でホロ苦く辛口なアルコール感も入り組んだ艶やかな特旨タイプ。全麹由来の豊かな香味に残響と余韻をも支配する旨口なアルコール風味に歓喜する優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・100位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。





c0001578_9415547.jpg甘辛く九州らしい旨味醤油で味付けを整えた“煮込み骨付き豚”・・・味噌煮込みで仕上げる鹿児島の郷土料理“豚骨”とは全く違いますよ・・・。どちらかというと・・・“スペアリブ”の和風“角煮”ってところでしょうか・・・。

しかし・・・下煮込み時の“お酢”が隠し味で効いている分・・・骨まで柔らかく、軟骨部分もコリコリと食べちゃえるほどですから・・・醤油の濃い甘辛さがさっぱりと味わえる肉質でした・・・。

“和からし”でも好いですが・・・“柚子こしょう”も試してみたかったですね・・・。

c0001578_942785.jpg晩酌で味わったオヤジの想うところ・・・この“酒質設計”は、あの“日田蒸留所”で造られる「全麹 減圧蒸留」の“Sharp Sweetly & Dry”と・・・「全麹 常圧蒸留」の“Barley Aromatic & Rich ”が・・・互いに調和している味わいのような気がします・・・。

つまり・・・その両“原酒”の特徴を引き出すことに傾注した“ブレンデッド全麹”ではないかと・・・。

そう想いながら・・・“いいちこ”であり、“日田”であり、“全麹”であると・・・三和酒類さんが、自信を持って世に問うた“新たな味わい”を愉しんでみます・・・。
by project-beppin | 2008-12-21 10:06 | 大分麦焼酎
<< “かくち”の“日田弁”哀歌・・... “マーケティング・ミックス”ラ... >>