“かくち”の“日田弁”哀歌・・・コージー大内「角打ブルース」
毎年、恒例となった“べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア”・・・今年も“クリスマス・ソング”とシンクロする“花火”・・・明日(24日)のイブは、この夜空の下と・・・決めてる方々は、是非、別府へ・・・。

c0001578_2242939.jpgで・・・最近、オヤジ自身が“シンクロ”してしまって、嵌まりに嵌まっている“Listen 酎 Me”がありまして・・・それがコレ・・・“コージー大内”の“初アルバム”となるCD一枚・・・アコースティックなギター一本を爪弾き、歌い語る“哀歌”の全11曲・・・『角打(かくち)ブルース』・・・。

実は・・・春過ぎにHAKUDOU師匠に誘われて“ミタラった”時に・・・師匠と確か?大分・長浜角打ち学会の“グッチー”氏にこのCDを拝聴させて頂いた記憶があったのです・・・。

その時は“ミタラう”ことに浮かれていたせいか?、じっくり聴き入ることができなかったせいか?・・・その後も“ミタラって”いながら・・・そのままとなっていました・・・。

それから、夏が過ぎて・・・たまたま、日田の知人から“サイン入り”CDを借りたのが秋で・・・直ぐさま、このCDを購入・・・それからというもの通勤時であろうが、家族の“アッシー”運転時であろうが・・・もう“ヘビー・ローテーション”の聴きまくり・・・完璧に“嵌まり”ました・・・。

何が?って、あーた!・・・“Over フォーティー”のオヤジにして・・・日本の“カントリー・ブルース”は“憂歌団”と“上田正樹”だけと思い込んでいたところに・・・“ライトニン・ホプキンス”にインスパイアされた“テキサス・ブルース”ならぬ・・・“オヤジ”と“焼酎”と“青春”の光と影をテーマに“等身大”で弾き語る“日田弁・ブルース”ばい?・・・そりゃぁ~、聴かにゃぁ~・・・(爆)。

正調“日田弁”で歌いながら・・・英語のテキサス訛りに聞える“空耳”感覚といい・・・唯一、彼自身が“人生”を秘めた“カントリー・ブルース”だからこそ・・・シニカルで、コミカルで、真面目に心に“響く”んだと思います・・・。

九州には“駅長おススメの湯”があるように・・・酎州には“オヤジおススメの一枚”ってのが・・・あっても良いでしょ・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・100位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。





c0001578_2235293.jpgこのアルバムの全11曲は・・・コージー大内の“(日田)弁ブルース”の魅力が余すところなく“満載”されています・・・。

オリジナルは計7曲・・・“ネイティブ日田弁”を詩と曲で“堪能”できる6曲と・・・ライブハウスで培った“ライトニン”調のアコースティックなテクニックを“披露”するインストゥルメンタルが1曲・・・。

あとは・・・彼が“ブルースマン”として、カバーして弾き語ってきた“とっておき”の4曲・・・。
“ライトニン・ホプキンス”2曲・・・
“レイ・チャールズ”1曲・・・
“ミシシッピー・ジョン・ハート”1曲・・・


c0001578_0675.jpgオヤジ(私)が嵌まったのは・・・アルバム・タイトルにもなった「角打ちブルース」・・・。
日田では“かくうち”とは発音せず正しくは“かくち”であるとして歌っているし・・・ジャケットに採用された画像も“アテ”の定番であった郷土料理“鳥ん足”で、今のように“モミジ”なんて洒落た呼び方はしないし・・・飲んだくれている光景が“焼酎”ですから・・・その弾き語りの“ブルース”は・・・“ネイティブ”でしか醸し出せない“ソウルフル”な“臨場感”を伝えてくれます・・・。

ですから・・・この“ネイティブ日田弁”の歌詞カードには・・・なんと!全てに“標準語”訳が記載されています・・・(笑)。

c0001578_062769.jpgシニカルに“親父に捧げるブギ”という感じの「オヤジ ブギ」や・・・彼女とのコミカルなデートの思い出を歌った「パンチ de デート」をはじめ・・・あとの曲も全てピックアップしてご紹介したいのですが・・・テンポもノリも好い「タップ de ナンパ」が我が家の“一番人気”でしたので“おススメ”です・・・是非、聴いてみて下さい・・・。

♪ 乗んないっ! 行こうぇへ!
  別府ん! 風呂入りんっ! ♪

ネット上から試聴して“ダウンロード”する“デジタル情報”購入より・・・こうやって、昔ながらに“ライナーノーツ”と“歌詞カード”を楽しめる“デジタル物販”購入の方が・・・やっぱ、イイですね・・・特に、この“弁ブルース”の場合は・・・。そのうち・・・何処かの“焼酎”のCMソングとして使われるかも・・・?

飲みながら聴いていると・・・“九州人”が“焼酎”を片手に聴く九州の“カントリー弁ブルース”ってのが・・・あっても好いじゃぁな・い・で・す・かぁぁぁ~・・・と(酔っぱらってます・・・笑)。
by project-beppin | 2008-12-23 23:22 | 焼酎文化考
<< 謹賀新年・・・金刀比羅宮の“ゆ... “全麹”の富貴な“麦香甘露”・... >>