丑年の“屠蘇”酒・・・「綾菊」 純米吟醸酒
“年の初め”に、わざわざ皆んなが集うのならばと・・・老若男女の一族が揃って“雑煮”と“御節”を囲むという“慣わし”・・・“元旦”という日に自らの暮らしを“デフォルト”する“儀式”に想えるようになりました・・・。

c0001578_2112123.jpg“丑年”・・・“初詣り”して未明に戻ろうが、どんなに“年越し深酒”しようが・・・“臥牛”のような“寝正月”は、この“儀式”を終えてからと・・・猪口杯に錫“屠蘇”器で酌み交して、正座の“合掌”・・・。

この“清酒”文化圏での“お屠蘇”を愉しみにしているオヤジ(私)としては・・・今年の“屠蘇酒”も気になっていました・・・。

猪口杯をクイッと戴いて・・・“おっ!コレは・・・”とその辛口な余韻が気に入りました・・・。

「今年の“お屠蘇”は、どちらのお酒?」と訊ねると・・・

「あぁ、どうかでぇ~(どうでしょうか・・・の意)?・・・去年なぁ、言よったけん(言っていたから・・・の意)“綾菊”にしてみたんじゃわ・・・」と・・・

HAKUDOU師匠もその味わいに縁のある「綾菊」・・・その“純米吟醸酒”ということで・・・卓上に置いてくれました・・・。

なるほど・・・辛旨口に感じるコクは、旨味のコクを包むような酸味に風格のあるキレを感じる“辛口”醸しが・・・実直な味わいです・・・。

昨年の金陵「楠神」は、“麗辛旨口”でしたが・・・この清酒は、口あたりの寡黙な印象を超越する喉ごしの“実醇奏辛”な味わいにあるんではないでしょうか・・・そのまま“冷や”が冴える旨さでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_2122296.jpg焼餅にしない煮丸餅の“雑煮”・・・今年は、“お澄まし”仕立てに、大根と金時人参と白髪昆布・・・。

c0001578_2113839.jpg定型句のような“御節”・・・数の子、焼海老、タツクリ、昆布巻き、黒豆、胡桃佃煮、蒲鉾・・・。

“数の子”のだしの滲みた風味は・・・イリコと醤油の淡口出汁に削り鰹の旨味・・・。

女房殿が言うには・・・九州とは“醤油”が違うと・・・。

c0001578_2124173.jpg“雑煮”を戴いた後は・・・子供達に“お年玉”を渡して・・・オヤジ連中で“屠蘇”の宴・・・。

“ちょっと辛いのぉ~”という若人や・・・“これぐらいで丁度、旨い酒じゃわ”という壮年と・・・“これも、エエ・・・”と微笑む老年の紳士も・・・。


c0001578_214532.jpgそんな宴の“アテ”は・・・香川の郷土料理“しょうゆ豆”・・・この甘辛さで(九州との)“醤油”の違いがわかります・・・。

ついつい、箸で摘んでしまう甘辛風味・・・煎りそら豆の“醤油漬け”・・・純米吟醸酒 「綾菊」の“実醇奏辛”なコクは・・・この風味と絶妙に絡むんですなぁ~・・・。
by project-beppin | 2009-01-11 00:29 | 旅先の酒と食
<< 米焼酎の“吟湧耽麗”・・・ 「... 無垢な麦焼酎・・・6銘柄(その20) >>