“コシ”のある酸旨口・・・綾菊 山廃純米「長田屋」
四国で年越しをした際のスナップを整理していたら・・・もう一本の清酒“綾菊”のことを思い出しました・・・。

c0001578_0433122.jpgこれは・・・晦日の夜“餅搗き”を手伝い終えた後の“晩餉”の光景・・・。

手伝った皆が・・・スーパー特売の“盛り合わせ寿司”と・・・昆布とイリコ出汁のお手製“かけうどん”で座卓を囲み“お疲れさん”会・・・。

昔の“電気燗付け器”が現役で出てきて・・・そこから注がれた“熱燗”・・・綾菊酒造の清酒銘柄“山廃純米”「長田屋」・・・。

飲む時点は、“燗冷まし”気味だったためか・・・“山廃”の旨みのコク酸味が発ち過ぎているように感じたのが一杯目・・・独特のコク旨さは充分なのに、鼻腔に風味クセが残るような味わい・・・と言えばわかりますか・・・?

この後しばらくして・・・風呂上りに残り5勺を飲みきれとばかりに“冷や”のままで注がれた一杯が・・・なんとも!実に旨かった・・・酸味の強いコク旨口に朗らかなキレ・・・俗にいう“コシ”のある酒・・・飲み口の余韻を味わえる“貫禄”がありました・・・。

この味わいがもたらす飲み心地の“落ち着き”・・・飲み終えたあとに感じる味わいの“懐”深さ・・・そんな讃岐の銘酒です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_043499.jpg白地ラベルに・・・淡い緑で“さぬき よいまい”との筆字・・・。

その意味は・・・香川県産のオリジナル酒米“さぬきよいまい”による地域ブランド清酒の取り組み・・・こっちに戻って調べて分かりました・・・。

これは、“先祖返り”の地産地“消”ではなく・・・新品種の酒造適米で進化した地産地“醸”・・・の味わいなのでしょう・・・。
by project-beppin | 2009-01-22 07:54 | 旅先の酒と食
<< “湯女”の面影“潤醸淡辛”・・... 究極の“こってり”ラーメン・・... >>