日豊本線の“車窓”・・・485系特急“にちりん”で宮崎へ
何かと“お騒がせネタ”が新聞紙上や全国ニュースで流れる“大分”・・・そんな“土地柄”に愛想を尽かしたわけではありませんが・・・今週は仕事で“宮崎”へ・・・。

c0001578_953081.jpg上司とともに出張・・・どちらかというと“自粛”して“気遣う”タイプなのですが・・・今回は、フランクな上司で“気遣い無用”ということで・・・宮崎まで約“3時間”を如何に過ごすか?・・・です・・・。

オヤジ(私)は・・・JR九州の特急内フリーペーパー“Please”を読みながら・・・“車窓”の風景を楽しむという・・・“仕事モードOFF”でリセットさせていただきました・・・。

車内販売はなしという3時間・・・(上司がいなければ・・・)緑の「霧島 スナック」か白い「木挽 スナック」を“帰路のお供”に出来るな・・・なんて往路の車中で考えていました・・・(笑)。

さてさて・・・宮崎県内を南進する日豊本線・・・その485系特急“にちりん=RED EXPRESS”の“車窓”に流れる景色を・・・ご覧いただきましょう・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_956326.jpg別府駅発・・・宮崎空港駅行き・・・3両編成の“にちりん”・・・。


c0001578_9563021.jpg大分駅から宮崎駅まで約3時間・・・3号車は自由席と指定席が併設された“喫煙”車両・・・大分以北の“ソニック”が“完全禁煙”車両なので・・・スモーカー・オヤジ達にとっては嬉しい配慮だと思うのですが・・・今後、いつまで継続するか?心配です・・・(笑)。


c0001578_9564791.jpg佐伯(直川)から“宗太郎駅”を過ぎると“宗太郎峠”へ・・・県境を越えて延岡(北川)へと下る鎧川の谷向こうの常緑樹・・・こんな峠の山深い地にもスギ林が見え・・・茶色く見えるのが、この季節の山風景・・・。

c0001578_957568.jpg鎧川は宮崎県側の“市棚駅”の手前で北浦から下る小川と合流して・・・北川町へと下ります・・・。

c0001578_9572270.jpg北川町に出ると・・・これまた佐伯(宇目)から県境を越えて下る北川と合流・・・祖母傾山山系東端の源流や支流を集めて延岡市街地へと下るのですから・・・こうして川幅も次第に広くなってゆきます・・・。

c0001578_9573612.jpgそして・・・“延岡駅”へ到着・・・在来普通電車が如何にも“日向”の国らしく赤い713系サンシャイン”・・・。

c0001578_958464.jpg延岡の象徴“旭化成”の煙突・・・貨物基地でもあった“南延岡駅”から分かれている工場内へと向かう引き込み線路も・・・。

c0001578_9581798.jpg“日向駅”を過ぎると“美々津”・・・大友軍と島津軍が戦った“耳川の合戦”の地・・・耳川河口・・・。

c0001578_9582930.jpg“高鍋駅”へと向かう小丸川に架かる鉄橋が“日向灘”の絶景ポイント・・・。

c0001578_9584396.jpg“高鍋駅”では・・・高鍋“秋月藩”の歴史を偲ぶ“舞鶴灯籠”・・・。

“秋月藩”の“中興の名君”・・・“秋月種茂”公の文化が200年の時を超えても引き継がれているんでしょう・・・。

c0001578_959041.jpgそして・・・目立ったのが畑の海側にある“砂防”植栽帯・・・南の地らしい“ホウライチク”の竹藪が延々と数キロに渡って続いていました・・・。

日向灘を望む砂防風景から徐々に市街化された風景へと変わり・・・この後は、海側に聳える孤高の大規模ビル“シーガイア”を“ランドマーク”にし・・・“ワシントニア”並木を眺めながら“宮崎駅”に・・・。

c0001578_107441.jpg“宮崎駅”では・・・九州新幹線開業に併せて復活した緑色のローカル特急“きりしま”と・・・日南線で運用される黄色い普通列車キハ40系“ニチナンライン”に出会えました・・・。
by project-beppin | 2009-02-14 10:00 | 旅先の風土・行楽
<< 2月の繁華夜街・・・“ニシタチ... 小河豚の浸け出汁・・・「釜揚げ... >>