“背中”で飲む“独酌礼讃”・・・酒蔵「美少年」
仕事を終えると・・・同僚を労って、帰路に着く前のささやかな“お疲れさん会”と言う名目で・・・小一時間の“打上げ”・・・“博多駅”という“ターミナル”に現存するオヤジ“スポット”へ・・・。

c0001578_21332140.jpg前回の佐賀からの帰路では・・・土産を物色して、“ナガヨ食堂”の“美とん焼”と“霧島スナック”を買い込んで“車内”で呷るという“晩酌特急”だったのですが・・・今回は、その“ナガヨ食堂”が残念ながら店を絶たんでしまっていたのと・・・少し時間があったものですから・・・専門店街“デイトス”内の“立ち飲み”処の暖簾を潜りました・・・。

酒蔵『美少年』・・・熊本の銘清酒“美少年”のアンテナ酒場・・・店内は椅子席が5-6席と・・・壁際に這わせたカウンターと円卓が3つほどあって・・・飲食系“立ち飲み”の典型といったところでしょうか・・・。

入店したのが18時前であったこともあるのでしょうが・・・俗に言う仲間と一緒に飲んでいる“連れ飲み”客は・・・我々を含めて2組のみ・・・残りの7-8名は、皆“独酌”でした・・・。

二人で一品のアテをつっつく我々は・・・先ず、ビールの“中瓶”1本を分け合ってコップ飲み・・・“豚足”の旨さを味わいながら喉を潤すにはこの程度で充分・・・。

その後は・・・この蔵の銘清酒である純米酒「美少年 神力」を1杯、美味しく頂戴して・・・3種めの仕上げ1杯を麦焼酎「とっぺん」のお湯割りでいただきました・・・。

そんな“連れ飲み”の周りは・・・“独酌”する“団塊の世代”的な背広姿の方々が目立ちました・・・。

アテとコップを“寡黙”に見つめながら・・・壁と対峙して“背中”で飲むその後姿・・・一日の仕事を終えた“安堵感”ではなく・・・仕事に熱中していた若かりし頃の自分と“再会”しているような“哀愁”・・・。その“哀愁”は・・・決して“黄昏”ではなく・・・この店で夢を語らったあの頃の仲間に負けまいと・・・敢えて“独酌”しながら明日に向って“充電”しているように想えるのです・・・。

この店から一歩出れば・・・“ターミナル”ですれ違う“人間交差点”の喧騒・・・“背中”で飲むコップ酒・・・“独酌礼讃”・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_212424.jpg何故か博多では喰いたくなるんですなぁ・・・“豚足”・・・(笑)。

チリソースのような“辛味噌”をキャベツに絡めて甘みを楽しむのも好しですし・・・茹でて焼くトロトロした“豚足”旨身も絶妙の塩梅・・・“中瓶”から酌するコップビールには・・・好いですわ・・・。


c0001578_21242670.jpg刻み葱とおろし生姜で“奴”・・・このあたりから、やっぱり清酒で一杯となります・・・(笑)。

飲むのは・・・純米酒「美少年 神力」のコップ酒・・・塗桝に溜まった二口分が・・・これまた旨いんですよ・・・。

辛過ぎず甘すぎずスッとコシのある“中旨口”・・・“ひや”で飲むならコレです・・・。

“連れ飲み”同僚は・・・「美少年 辛口」を“ひや”で呷っていました・・・。

c0001578_21244271.jpgこれも絶品の“鶏皮酢”・・・ポン酢に馴染む“茹で鶏皮”・・・。


c0001578_22125795.jpg“山たん”・・・“山芋の短冊”をこう呼ぶんですな・・・。

この時点では麦焼酎「とっぺん」の“お湯割り”・・・シャキシャキとした“食冷感”に山葵のツンっとした響き・・・。

c0001578_21252019.jpg仕上げの“鶏皮煮付”・・・甘辛く醤油煮付けした鶏皮・・・一味唐辛子を降るのがオヤジ流・・・焼酎にこそ!と思う煮付味ですわ・・・。

c0001578_22114575.jpg壁にある“美少年”のCMポスター・・・戦後昭和の“青春時代”を想わせるアート・ディレクション・・・あの頃だからこその“アイキャッチ・ポイント”に生酒“瓶”を配するという・・・“商業美術”も“青春時代”だった頃の名作ではないでしょうか・・・(笑)。

その“ノスタルジア”・・・“背中”で飲む男たちの“社会人”としての“青春時代”を“象徴”するポスター・・・なのかもしれません・・・。

店のバイトのにいちゃん達は、この“哀愁”を理解できるはずもなく・・・店には“哀愁”はありませんが・・・“独酌”の背広姿に尊厳に値する“哀愁”があります・・・。
by project-beppin | 2009-03-03 22:07 | 旅先の酒と食
<< コク甘マイルドの“円やか”スー... “博多んラーメン”の正統派・・... >>