五月晴れの昼食・・・「雪ん子寿し」
天候に恵まれたゴールデン・ウィークになりましたねぇ・・・五月晴れ!
朝から・・・半袖シャツでも汗ばむほど・・・女房殿と“庭弄り”して・・・買い物につきあいました。

c0001578_1421161.jpg俗に言う“デパ地下”で・・・「何、食べる?」と聞かれて・・・「なんか、さっぱりしたものがいいなぁ・・・」と買ってきたのが・・・本日の昼食「雪ん子寿し」

以前、別府駅のKioskで買って、列車の中で食べたことがありますが・・・これ旨いんです。
シソ大葉の上に、酢飯、・・・甘辛く煮た椎茸・・・甘酢の薄切り大根・・・。

いただきま~す・・・口の中へ“パクッ”と・・・。
ヒンヤリとした甘酢大根のシャキっとした歯ごたえ・・・
甘辛く煮付けた椎茸のほどよい触感と口中に滲み出る味わい・・・
噛み重ねると・・・酢飯と大葉の清涼感が大根と椎茸に交じりあう・・・やっぱ、旨~い!

“ホダ木”に生えている椎茸にうっすら積もった雪をイメージした・・・というこのお寿司・・・生活改善グループ「愛の里」が創作し、平成13年の“きのこ料理コンクール全国大会 シイタケ料理の部”で最優秀賞を受賞した逸品。“寒椿”に似せた・・・葉も紅酢大根もついてます。

■雪ん子寿し:愛の里グループ/佐伯市(旧本匠村地域)
by project-beppin | 2005-05-04 14:05 | 美食の街
<< 麦の麹香と黒麹甘さ・・・「杜翁... 雨月庵の宴・・・エピローグ >>