親であること・・・釣りと「なしか!」
GWを締めくくる“子供の日”・・・朝早くから、次男坊と釣りに出かけました・・・。
雲は薄くかかっていましたが・・・陽射しは暑く・・・こりゃ~日焼けしますね。

c0001578_23194270.jpg高崎山を眺める堤防に陣取り・・・釣り仕掛けを教えます。
 「こうやって・・・糸を結ぶととれんのや」(結びおわって、糸を引っ張ってみせて・・・)「ほらっ、な~」っと、やってみせると・・・

 「へー、そーなん?」(自分でやりだして・・・)「エサっち、こうつけるんでなぁ~」
昨晩、練習した竿の扱い方や仕掛けの飛ばし方も憶えてましたし・・・子供ってのは・・・思ったより親から学ぼうとしているんですね・・・。

実は・・・親である私も・・・子供とのそんなやりとりの中から・・・親であることを学んでいるんです・・・。

女房殿が作ってくれたお弁当を食べて・・・夕方まで・・・釣り三昧のGW最終日となりました。

「おとうさん・・・釣りっち、釣れんけど楽しいなぁ・・・」
「あぁ・・・また行こうなぁ・・・」




c0001578_027278.jpg実は・・・この日、釣りながら飲んだワンカップ焼酎「なしか」の・・・サブコピー・・・秀逸でした・・・。
いろんなコピーがあるのですが・・・
親父が酔って・・・子供に語った言葉バージョンのようで・・・
私も・・・いつか・・・どこかで・・・同じような意のことを・・・
言ったような気がしたり?・・・しなかったり?・・・(反省・・・)
by project-beppin | 2005-05-05 23:23 | 大分の風土・行楽
<< 竹のお話:その2・・・籠 麦の麹香と黒麹甘さ・・・「杜翁... >>