ピスタチオと・・・“生”で飲みたい「大和魂」
汗ばむ季節になりましたね・・・日中、仕事で・・・車に乗ると“温室状態”・・・。
帰って・・・一風呂浴びて・・・“ふぅ~。。。”

c0001578_23275565.jpgさてと・・・晩酌です・・・『大和魂』・・・“生”で飲んでます・・・。

麦甘いふくよかな香り・・・。
口に含んでも・・・芳ばしいホロ苦い甘さ・・・。
舌触りも・・・旨甘さとアルコール感とのバランスも良く・・・鼻腔に抜けていきます。
喉越しの穏やかな刺激と・・・主張する味わいの余韻・・・心地よい旨さです。

酔っちょくれ」と「ふしぎ屋」の中間に位置するような・・・“生”で飲みたくなる柔らかな麦焼酎です。

こんな時は・・・“ピスタチオ”・・・殻を割って頬張れば・・・芳ばしさが交じり合う・・・ちょっといい時間を楽しめますねぇ・・・。

■「大和魂」(江井ヶ嶋酒造 大分醸造所:大分市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
芳ばしい麦甘い香り。ホロ苦い甘さと旨みのバランスが口中に広がる濃厚タイプ。穏やかなアルコール感と味わいの余韻が心地好い逸品。
by project-beppin | 2005-05-12 23:31 | 大分麦焼酎
<< 燕の季節の“冷やっこ”に・・・... まろやかな甘さのスープ・・・「... >>