ポーク・リブで・・・晩酌飲み比べ
週末にかけて・・・忙しい日々が続きました。来週もこの状態が続きそうで・・・夕食の晩酌ぐらいは・・・楽しく飲みたいものです。

c0001578_2195098.jpg今夜は・・・“ポーク・リブ”・・・甘辛いたれで下味のついた豚の骨付き肉です・・・なかなか旨そうです。

ちょっと脂っこくって・・・味もしっかりついてる肉料理・・・ならば、スムース旨口系がいいかなぁ・・・なんて思っていたんですが・・・ドライ淡麗系も捨てがたく・・・迷った時は飲み比べながら・・・え~いっ!両方、飲んじゃえっ!・・・ってなわけで・・・「赤嶺」と「唐変木」。

二本とも・・・瓶に残っていた量を注ぎきって・・・“生”のままのグラスを二つ・・・。

スムース旨口系の「赤嶺」は・・・フルーティーな味わいが柔らかく・・・肉の甘辛いたれの旨みと、馴染む感じ・・・。
ドライ淡麗系の「唐変木」は・・・味わいにコクがあるんですがキレもよく・・・肉の脂っぽさの残る口中を、爽やかにする感じ・・・。
こうやって・・・料理に合わせて楽しむと・・・麦焼酎の味わいの個性も・・・楽しめます。

焼酎とともに、このスペアリブ・・・柔らかい肉質と甘辛いたれが“名コンビ”ってな感じで・・・ペロリと食べちゃいました・・・。(また、作ってほしいなぁ~・・・)
by project-beppin | 2005-06-26 22:40 | 焼酎文化考
<< 復活の正調粕取・・・風味豊かな... 国東の“銀太刀”・・・太刀魚の... >>