日田の味“モミジ”を齧りながら・・・「夜叉」
単身赴任のような一週間がやっと終りました・・・少し遅くなりましたが・・・久しぶりにわが家で晩酌・・・。

c0001578_23172783.jpgもしかすると・・・あの「のたり」の樽貯蔵タイプではと思いながら・・・封を切りました・・・『夜叉』。

まずは“ロック”で・・・薄く琥珀色と樽香を纏いながら・・・樽のスモーキーな風味の後に・・・苦辛い麦麹の味わいがあって・・・何処となくバニラの味わいに似たアルコールの余韻・・・。

二杯目は“生”で飲むと・・・芯になる味わいが見えます・・・予想はどうも・・・“的中”みたいですねぇ・・・。

三杯目はソーダで割って・・・“酎ハイボール”・・・7:3ぐらいの濃いめが旨いです。

アテは・・・土産代わりに買って帰ってきた・・・日田地方の酒肴“モミジ”。

■「夜叉」(井上酒造:日田市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
スモーキーな樽香の風味に続き、苦辛い甘さも味わえるウィスキータイプ。ストレートなアルコール感とバニラに似た余韻を楽しめる良品。濃いめの酎ハイボールが夏の定番。



c0001578_0361459.jpg唐辛子入りの醤油砂糖で煮付けたそのまんまの“鶏足”・・・照りがある足骨に齧りつくように・・・リアルな足皮を剥ぎ取ります・・・咬むたびに甘辛い醤油の滲み込んだ鶏皮のなんともいえないコリコリ”した食感・・・。
鶏足の甲の部分にあたるところが・・・ちょうど豚足のような旨さがあって・・・(顎が疲れるのですが・・・)しゃぶりついているうちに・・・この味と食感・・・癖になりそうです・・・。
by project-beppin | 2005-07-08 23:18 | 大分麦焼酎
<< 梅雨の集中豪雨・・・川面の変容 まったりと“生肉”好き・・・新... >>