濃厚な“泡盛の魂”・・・「まさひろゴーハチ」
早めに終えた夕食後・・・トリニータがアントラーズと1-1で引き分けと聞いて・・・“おっシャーッ!”・・・何しろ、リーグ戦再開後の初得点・・・。アウェイで、現在1位チームとドローの勝ち点1は・・・上出来ってことで・・・これからだぜ! ♪チャ、チャ、チャ、チャッチャ ♪ ト~リニ~タッ!♪

c0001578_2385081.jpg明日も休みで・・・暑さを楽しむ酔い方を・・・泡盛を越えた濃厚な“泡盛の魂”を・・・『まさひろゴーハチ』。
“キンキン”に冷凍庫で冷やしても・・・凍らない58度のスピリッツ・・・ショットグラスで・・・トロ味を“チビチビ”と・・・。
口に近づけると・・・泡盛らしい甘深いアルコールが匂いたちます。
チビリ舌の上にのせた瞬間に・・・痺れるような心地好い刺激・・・舌先をストレートに伝わっていきます・・・。
続いて・・・味覚的に響いてくるのは・・・間違いなく、口中で“気化”しているとわかる・・・甘く濃厚な旨みのアルコール・・・。
鼻腔で感じるそのシャープで濃い甘旨み・・・“抜ける”というよりも・・・“滲み入る”ように広がる味わい・・・。
喉越しまでも・・・火を灯しながら、食道へと向かう感覚・・・余韻は・・・鼻腔と喉に残るディープな熱感と芳醇な旨みの記憶・・・。

2杯めに・・・“ロック”をと思ってましたが・・・再びショットグラスに注ぎ足してしまいました・・・チビチビとゆっくり飲みたい・・・旨さです。

ツマミは・・・夕食で残った“牛肉とにんにくの茎のコチジャン炒め”と・・・“胡桃と松の実”・・・松の実のオイリーな風味が・・・丁度、好いですね・・・。

■「まさひろゴーハチ」(比喜酒造:沖縄県糸満市/常圧:米麹)58度(スピリッツ類)
by project-beppin | 2005-07-17 23:09 | 隣人の焼酎・泡盛
<< 遠浅の浜辺・・・糸ヶ浜海岸 にんにく油の香味・・・なしか!... >>