凛とした甘口のキレ・・・清酒 「西の関 ひや」
やっと・・・“蝉時雨”が降りそそぎ・・・“入道雲”が立ち昇る・・・本格的な猛暑ですねぇ・・・。こうなると・・・大地を冷ます・・・“夕立”がほしいものです・・・。

c0001578_22444492.jpg“風呂上り”に・・・近所のコンビニへ出かけて・・・めっきり飲まなくなったビールや発泡酒を尻目に・・・珍しく冷酒をば・・・清酒『西の関 ひや』

HAKUDOU師匠の想い入れのある国東町の清酒蔵・・・萱島酒造さんの夏の普通酒・・・。
涼しそうな青い瓶が・・・“夏の雨月宴会”に行けない私に・・・語りかけてきたようで・・・冷蔵棚から手に取りました・・・。

“オンザロックで”なんて書いてありますが・・・なみなみとコップに注いで・・・口を近づけながら啜ります・・・。
冷たい甘口の旨味が芯ですが・・・凛としたキレを持っています・・・(マッタリとべとつく感じが全くなく)・・・“濃口旨さ”と“涼麗な口あたり”・・・。
大分らしい甘口の伝統の味わい・・・普通酒の冷酒とは・・・かくあるべき・・・。

大分県酒造組合には・・・清酒専業蔵が10場以上あり・・・豊後の清酒・・・西の関、鷹来屋、千羽鶴、智恵美人などなど・・・清酒も楽しんでいただきたい・・・。
by project-beppin | 2005-08-03 22:47 | 大分地霊の酒 ect.
<< 甘露でソフティーな全麹・・・「... 甘苦味が先行するハードビター・... >>