五色の味わい・・・「宮の舞 本格焼酎ミニセット」
今日、少しは雨が降りましたが・・・大分でも四国同様・・・8月としては異例の少雨状態が続いています・・・。私も・・・少々、バテ気味・・・“休み疲れ”なんて言えば職場では怒られそうです・・・(笑)。

c0001578_2153985.jpg夕刻から・・・“ジャコ天”を炙って・・・ショウガ醤油でアテにしようと思ってましたが・・・“生姜”もチューブ入りの“おろしショウガ”も買い置きがない?・・・トホトホ・・・仕方なく、ワサビ醤油を・・・自分で準備しました・・・。

そうです・・・“自分へのお土産”に買った・・・ミニチュア・ボトルの伊予焼酎・・・「宮の舞 本格焼酎ミニセット」と・・・あわせるために・・・。

伊予の“宮の舞”といえば・・・伊方杜氏と呼ばれる清酒造りの職工が有名ですが・・・その“宮の舞”の名を冠する・・・粕取、酒取、麦、そば、くりの・・・五色の味わいです。ショットグラスで・・・“きき酒”のように・・・順番に味わってみました・・・。

『粕取』・・・“清酒吟醸粕”から醸された辛甘さの整った旨さ・・・“宮の舞”さすが四国を代表する粕取焼酎ですね。
『酒取』・・・“清酒”から醸された辛口が芯の滲み入る旨甘味・・・まるで“正調粕取の古酒”のような風味があります。
『麦』・・・“米・米麹・麦”から醸された米の甘旨みにキレのいい麦の味わいがのった旨口・・・ウェット旨口系の味わいですね。
『くり』・・・“米・くり・米麹”から醸された栗らしい香りと甘く濃い味わい・・・まるで、栗の炊き込みご飯のような甘く円い味わいが面白い・・・。
『そば』・・・“そば・米・米麹”から醸された辛苦い香ばしさと旨甘さの両立・・・お湯割りが旨そうな予感があります。

四国の伊予の“ジャコ天”・・・薩摩(鹿児島)の“さつま揚げ”みたいな甘味はないものの・・・この好い塩梅の練り天ぷらは・・・私にとって“好物”に近い酒の肴なんですよ・・・。

■「宮の舞 本格焼酎ミニセット」(松田酒造:愛媛県西宇和郡)
by project-beppin | 2005-08-21 21:16 | 隣人の焼酎・泡盛
<< サッパリした酸味と太麺のコシ・... 夏休みの旅(その6)・・・四国... >>