地鶏づくしに円い旨みを・・・「かめ焼酎」
台風はそれましたが・・・風が吹く一日でした・・・“暑さ”も峠を越えたと・・・何となく感じましたね・・・。

c0001578_024037.jpg今夜は・・・珍しく“地鶏づくし”・・・“砂ずりネギマ”、“筑前煮”、“炭火焼”、“タタキのポン酢”、“刺し”と・・・5品・・・。

これだけ揃えてもらえれば・・・四国の旅の仕上げの一本を開けてみたくなりました・・・讃岐の清酒蔵“綾菊”が醸した五年貯蔵の米焼酎・・・『かめ焼酎』・・・“生”で・・・。

かめ瓶から注ぐと・・・甘さを感じる仄かな香り・・・口に含んで・・・米の甘さと円み・・・舌の上で、くすぐるようなアルコール感が・・・優しくころがったあと・・・鼻腔に抜ける前にフワッと霞みます・・・柔らかな喉越しは・・・飲み干しても・・・また飲みたくなる・・・甘いあと口・・・。
この米焼酎・・・波静かな瀬戸の島影を眺めた思い出に・・・素直に浸ることができます・・・。

玖珠の地鶏・・・焼きは味濃く、煮は柔らかく、刺しは甘く・・・鶏身の鮮度と肉質が自慢です・・・。

■「かめ焼酎」(綾菊酒造:香川県綾歌郡/不明:米・米麹)25度
by project-beppin | 2005-08-26 00:25 | 隣人の焼酎・泡盛
<< エッジ感が残る甘旨み・・・「西... 街角で発見!・・・5合瓶も一升... >>