エッジ感が残る甘旨み・・・「西の星2005 大佛」
今日は・・・夕刻から次男坊と“浜脇薬師祭り”へ・・・♪別府湯の街 ヨサコラ サイサイ~♪(別府音頭)と・・・総踊り。
浜脇温泉の薬師堂にお参りして・・・名物となっている風流見立細工を見て・・・久しぶりに・・・無料開放の浜脇温泉で一風呂浴びて・・・帰ってきました。

c0001578_22182147.jpgで・・・露天で買った“焼そば”、“焼きとり”、“たこ焼き”が夕食兼晩酌のアテ・・・。

さて、さっぱりしたところで・・・『西の星2005 大佛』(だいぶつ)

先ずは・・・ちびっと“生”で飲んで・・・続いて“ロック”・・・。

微香はシャープ・・・口に含めば・・・アルコールが先に来たあとで仄かな甘み・・・転がしてドライな苦甘さ・・・こちらの方が定番の「西の星」に近い味わいのような気がします・・・。

塔尾」に比べて、“全麹造り”の甘旨さに・・・エッジがあるように感じます・・・喉越しで、アルコールの“刺す”甘苦み・・・とでも云えばわかってもらえるかなぁ?・・・。

“ロック”では甘旨みが先ですが・・・何処となく“メタリック”なエッジ感のあと口なんです・・・。アルコール度数が定番「西の星」より高いからでしょう・・・。

甘いソースの“焼そば”や“たこ焼き”との相性が合わなかったのか・・・と思っているのですが・・・たぶん、“カボス割りロック”では旨いと思いますよ・・・。(今日は・・・カボス切らしてます。残念~!!!)

“浜脇薬師祭り”・・・明日の夜8時には・・・地域の名士が花魁女装し繰り広げる“色街”の記憶・・・“花魁道中”・・・お近くの方は・・・“怖いモノ見たさ”で是非・・・(笑)。

■「西の星2005 大佛」(三和酒類:宇佐市/減圧:大麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
シャープな微香、仄かな甘みとドライな味わいの苦甘さ、喉越しにエッジ感が残るストレートな淡麗タイプ。カボスでシャープな旨さが味わいたくなる全麹造りの一品。
by project-beppin | 2005-08-27 22:20 | 大分麦焼酎
<< 浜脇薬師まつり(その壱)・・・... 地鶏づくしに円い旨みを・・・「... >>