残夏の湯布院・・・金鱗湖
湧き上がる入道雲をいつまで見られるんでしょうかねぇ・・・先日、まだ夏の残る湯布院を忘れないように・・・スナップに収めました・・・。
c0001578_2202322.jpg


c0001578_223285.jpg金鱗湖・・・由布岳の麓にある・・・池のように小さな湖・・・。
湖底から湧く泉で・・・渇水の夏でも澄んだ水を湛えて・・・湖面を風が渡ります・・・。

“ウォーター・フロント”や“ビオトープ”なんて言葉がなかった時代から・・・この湖畔は湯布院散策の象徴的なところです・・・。

観光化されながらも残る・・・藁葺屋根の共同温泉“下ん湯”・・・素戔鳴男命(すさのおのみこと)を祀る“天祖神社”など・・・湖面に映る民の暮らしの息づく情景・・・暑さを忘れるとまでは言えませんが・・・暑さを楽しめる“水辺の心涼しさ”とでも言っておきましょう・・・。




c0001578_2224192.jpg

c0001578_2232278.jpg

c0001578_2233567.jpg

c0001578_2210162.jpg
by project-beppin | 2005-09-01 22:12 | 大分の風土・行楽
<< 残夏の湯布院2・・・スナップ散策 ワンコインで椎茸も旨い!・・・... >>