どんぶり飯の“オヤジ食堂”で・・・『とり天定食』
昨日の昼間は・・・見過ごしそうになっていた“STAR WARS エピソードⅢ”を長男坊と二人で見てきました・・・。ダース・ベーダー誕生ストーリーの中で・・・愛と憎悪の“インタラクティブ”なアメリカ映画らしい永遠のテーマと・・・黒澤映画の影響をあらためて垣間見た次第・・・。

c0001578_10335015.jpg帰りがけに・・・少し遅めの昼食・・・長男坊にファミレスではない“オヤジ食堂”を体験させようと・・・県庁近くの「食堂 吉四六」へ

なんてことはないフツーの食堂ですが・・・ファミレス以外で食事をしたことがあまりない長男坊にとって見れば・・・ちと異様な雰囲気なのか・・・おとなしく店内を見渡し・・・“トンカツ定食”を注文・・・。オヤジはというと・・・“豚汁”付の『とり天定食』を・・・。ご覧のとおり・・・どんぶり飯に、とり天、豚汁、漬物・・・。

とり天は・・・衣がさっくり・・・薄い下味付けの鶏身は締まった肉質・・・ポン酢ダレにカラシをつけて・・・どんぶり飯にのっけて齧りつきます・・・平均的な味・・・。
豚汁・・・こちらは圧巻・・・丼鉢に具沢山・・・白菜、豆腐、人参、モヤシ、豚肉・・・チャンポンスープに味噌を溶いたような・・・濃いめの出汁が抜群に旨かった・・・。
そっけなさそうで・・・こなれた薄味のマカロニサラダと漬物も・・・ええなあ~・・・。

長男坊はといえば・・・どんぶり飯とトンカツと味噌汁を平らげ・・・“スゲー食った~、苦しい~”との感想・・・オヤジは“外で働くもんは、こんぐらい食わんとばてるんじゃが~”と言ってはみたものの・・・実は・・・同感でありました・・・(笑)。

■とり天定食:食堂 吉四六/大分市大手町
by project-beppin | 2005-09-18 10:42 | 美食の街
<< 白く明るい十五夜・・・「中秋の名月」 “My Favorite”チュ... >>