“産直鮮食”の恩恵(その2)・・・漁協直営「別府潮彩屋」
この水産振興祭に合わせるように・・・別府にも・・・大分県漁協(JFおおいた)直営のショップ&レストラン・・・「別府潮彩屋」がOPENしました!

c0001578_0512022.jpg場所は・・・国道10号線の“亀川漁港”入口の信号沿いです・・・。
当然、立ち寄らずに帰ることなんて・・・できません・・・(笑)。

覘いてみました・・・。水産特産品・・・もちろん、豊富な魚種の“一夜干”や“別府湾ちりめん”などの乾物は当然ですが・・・生簀もあって・・・新鮮な特選品も・・・。

ショップ内で捌いていますから・・・活き造りなどの刺身などもあって・・・あちこちに“Surprise!”な海産物が・・・満載です・・・。

別府で・・・“潮香の郷土食材”と“多彩な新鮮活魚”・・・新たなスポットの誕生で~す!!!






c0001578_0513514.jpg店内はこんな感じ・・・日替わりで・・・良いものにめぐり合えそう・・・。


c0001578_0514850.jpgこの日の“Surprise!”は・・・杵築市の守江湾“生牡蠣”・・・フォ~!!!
単純に計算しても・・・何んと!1個60円ですよ!・・・。
朝獲りで、そのまま“生食”でOKなんて・・・嬉しいじゃないですか・・・(もちろん、買っちゃいました)。


c0001578_052130.jpg鮮度と安定供給できない関係で・・・地元でしか流通していないようなパックもあって・・・“プチ漁師料理”が作れそうなネタも・・・。
これは・・・たぶん、マグロ漁の基地で有名な保戸島の“マグロの中落ち”かと・・・。


c0001578_0521436.jpgこんなのも・・・漁師町の風土の食材・・・“まぐろ味噌”・・・。
臼杵の“鯛味噌”同様・・・すり身と味噌を練った・・・“魚醤油”ならぬ“魚味噌”・・・。
試食しましたが・・・温かいご飯にのっけて食れば・・・旨いと思いますよぉ~・・・。


c0001578_0522841.jpg関アジ、関サバも・・・蒲江のブリも・・・この生簀に泳いでいるのかと思うと・・・


c0001578_0524197.jpgご覧のとおり・・・ここでも、関サバは見ることすらできず・・・。
ブレて写っている魚が・・・関アジ(唯一、泳いでました。)
底にへばりついている魚が・・・城下カレイ


c0001578_052546.jpg駐車場入口にある看板・・・“豊の魚”(おおいたのいお)と“一村一魚”の紹介看板・・・。
ほらっ・・・こんなに豊富で多彩・・・全部食べてみたくなります・・・。


c0001578_053786.jpg大分県漁協(JFおおいた)直営のショップ&レストラン・・・ご覧のとおり・・・ここ別府を含めて・・・県下7地域8箇所なんですね・・・。

皆さんも・・・是非!!・・・美味な“Surprise!”と出会ってみてはいかがですか。
by project-beppin | 2005-11-08 00:55 | 大分の風土・行楽
<< “産直鮮食”の恩恵(その3)・... “産直鮮食”の恩恵(その1)・... >>