軽やかな味わいと紅生姜・・・玉八「ラーメン」
別府の駅前通り・・・街中に出ると・・・駐車場を見つけるのが大変なんですが・・・ついつい、思い出して・・・昼食時に寄っちゃうラーメン屋があります・・・。

c0001578_1583596.jpg表通りから入った裏路地・・・昔ながらの町屋の細い通りに・・・この店はあります・・・「玉八」
ガラガラと硝子戸を引いて入る店内は・・・タタキ土間・・・。
その昔・・・色街のお姐さんと贔屓の旦那が・・・昼間からビールを飲みながら・・・ラーメンを啜っている光景が思い浮かぶような・・・懐かしい佇まい・・・。
そんな・・・“庶民食堂”風の老舗の味が・・・この「ラーメン」です。

木耳、モヤシ、葱、チャーシュー、煎り胡麻・・・オーソドックスな具ではありますが・・・手馴れたその配置が見て取れます・・・。

そして、秀逸なのが・・・この“鶏ガラ醤油とんこつ”スープ・・・。

鶏ガラの澄んだ旨みを活かすための・・・アクや脂を丁寧に取ったコクのある豚骨スープと・・・味わいを整える醤油ダレが少々・・・といった感じ・・・。
コクと旨みは充分なのに・・・あっさり軽やかな味わいに・・・仕上がっています・・・。

麺は・・・ストレート麺・・・ちょっと、柔らかめ・・・噛んだ時のスープに馴染んだ味わいは・・・こりゃ~、旨めぇ~・・・たいしたもんだぁ~・・・。

ひととおり、スープと麺を啜った後で・・・この紅生姜を入れ、スープに溶いて、麺に絡めると・・・酢生姜の芳香のピンクスープが心地好く・・・ツンとした生姜の味がアクセントになって・・・これがまた、旨いんだなぁ~・・・。

ライスには・・・“きざみ高菜”もついてますから・・・紅生姜の替わりに、これを入れる人もいます・・・。

■ラーメン:玉八/別府市北浜
by project-beppin | 2005-11-16 02:03 | 美食の街
<< 別府“コップ酒”の原風景・・・... 嗚呼!梅酒・・・“梅三酎”の味... >>