霧のカルデラ湖・・・朝霧の湯布院
“冷え込み”が厳しくなると・・・“紅葉の便り”とともに・・・“朝霧の便り”も・・・届きます・・・。
c0001578_23263364.jpg
早朝・・・塚原高原から湯布院盆地へ向かいながら・・・農道へ入って車を止め・・・牧草地の小高い丘を登り・・・朝の静寂で澄み切った空気を吸って・・・湯布院盆地を見下ろします・・・。

眩しいぐらいに陽が昇りはじめて・・・杉林の向こうに・・・真っ白な霞みがたなびき・・・見え隠れする・・・湯布院の街・・・。

街の中では・・・この霧に覆われ・・・幻惑する“白昼夢”のような・・・朝の暮らしがはじまっているのですが・・・この丘から眺める湯布院盆地は・・・まるで“霧のカルデラ湖”・・・。

「風のハルカ」のマスコット・キャラクター・・・“きりぼんちゃん”は・・・“霧の盆地”(キリのボンち)からのネーミングとのことですから・・・こんな光景を・・・思い起こしてほしいものです・・・。
この霧の中・・・“下ん湯”でのんびりと朝湯に浸かるのも・・・一度でいいから体験してみたいですよね・・・。

朝霧を狙う写真愛好家は・・・雨などで湿っぽい天気だった翌日・・・晴れで朝が冷え込む予報が出て・・・その上、風がないか・・・もしくは、穏やかな南風の日が・・・美しい朝霧が期待できる天候条件だと・・・言います・・・。

10月から12月にかけて・・・この朝霧を目の当たりにすることが出来れば・・・もう一つの湯布院に会えたことになりますね・・・。
by project-beppin | 2005-11-25 23:28 | 大分の風土・行楽
<< 脂ののった“関サバ”には・・・... 女房殿の“My Favorit... >>