新出張紀行(その2)/口福燗・・・“鱈尽くし”
“雪雲”に覆われた日本海沿いを・・・福岡空港から“ひとっ飛び”・・・。新潟空港には・・・思ったほど雪はなかったのですが・・・長岡市に向かうにつれて“積雪”が深くなりました・・・。

c0001578_155101.jpg安宿にチェックインして・・・仕事の段取りを終えると・・・居酒屋へと・・・融け残った雪の中を街へ繰り出します・・・。やはり、“忘年会”と思しき人々が行き交う長岡の駅前・・・寒空の中でも、街が暖かな雰囲気に包まれていますよ。

道際には10cm以上の雪が残っているような駅前の居酒屋街・・・暖簾をくぐって、ひとりカウンター席へ座り・・・先ずは“ぬる燗”を注文・・・。焼酎は・・・大手ビールメーカーのものしかありませんでしたからね・・・でも、これが本来の新潟の居酒屋でしょう・・・。
ぬる燗を手酌でひっかけながら・・・“本日のおススメ”とある白板を眺めると・・・“真鱈の白子”という品書きが目に入りました・・・。

真鱈の白子・・・あの天ぷらの旨さが蘇りました・・・。店の大将が“今日は、いいのが入ったんですよ”と一声・・・“んじゃぁ、貰おうかぁ”とオイさんも素直に従います・・・。この季節になったなぁ~と思いながら・・・出された「白子のポン酢」をいただきます。

綺麗ですねぇ~・・・この淡いピンクの艶やかな白子・・・思わず歌いたくなります・・・。

 ♪ こ、これ これ これ 白子と燗酒
  鱈っだ ラッタ ラッタ ラッタ ラッタ ラッ鱈~ ♪ (唱歌:うさぎのダンス・・・の替歌)

箸で口に運ぶ間にも・・・滑り落ちそうな鮮度・・・口の中へチュルっと流し込んで・・・噛めばニュワ~ととろける清楚な旨み・・・ポン酢が効き過ぎず・・・脳醇な白子のコクが舌を覆います・・・くぅぉ~・・・。

 ♪ 箸っで 食いけり
    チュッル チュッル 踊る
   美味に舌巻き 鱈っ鱈っ鱈~ ♪

鮮度のいい真鱈の白子は、実に旨い!“口福燗”は・・・ご当地の定番“芳醇 吉乃川”の燗酒・・・やや辛口なコクのある清酒が、さらに演出してくれます・・・。



c0001578_155251.jpgついつい、調子(銚子?)に乗って・・・もう一本“熱燗”を頼んじゃうのは・・・世の常・・・(笑)。

こうなりゃぁ~、“鱈尽くし”です・・・「銀鱈の照焼き」。
甘辛い濃口醤油のタレで漬け込んだ・・・ぶ厚い鱈の切り身・・・タレの焦げた皮の部分がブクブク動きながら・・・出てきました・・・。

ポロっと皮を剥いで・・・香ばしい皮と皮裏の脂身のタレ旨さを味わいます・・・。


 ♪ そ、それ それ それ 皮好い燗酒
    鱈っだ ラッタ ラッタ ラッタ ラッタ ギン鱈~
   照りが いいわね
    プッリュ プッリュ 踊る
   味に舌打つ らっ、鱈っ鱈っ鱈~ ♪

脂ののった鱈の旨さを堪能して・・・“口福燗”に酔う・・・いい居酒屋でした・・・。
by project-beppin | 2005-12-18 15:07 | 旅先の酒と食
<< 新出張紀行(その3)/チャーシ... 新出張紀行(その1)/往路・・... >>