新出張紀行(その5)/復路・・・「小鶴マイルド」に“つまみあご”
福岡空港から地下鉄で博多駅へ・・・なんとか、21時過ぎの“SONIC”に滑り込みました・・・。ちゃんとホームのKIOSKで・・・帰路の“お伴”を買って乗るんですがね・・・(笑)。

c0001578_2248182.jpg博多駅1番ホームのKIOSKの焼酎は・・・ワンカップ「小鶴 マイルド16°」とアルミ缶「田苑 黒12°」・・・。
ほう、どちらも芋ですかぁ~(麦がなくって残念)・・・ならば、6:4相当の定番「小鶴 マイルド」でしょう・・・。

この素直な甘みの芋香・・・いい香りです・・・如何にも“芋らしい”・・・口あたりもしっかりしていながら福与かに優しい甘味・・・喉越しの素直なキレも・・・安心して飲める旨さです・・・。

ツマミは・・・“いか天”と“つまみあご”で・・・。

“いか天”・・・イカ入りの練り物ですが・・・塩加減が控えめでイカの触感も風味も楽しめる練り天ぷらです・・・このちょっとした脂っこさも・・・芋には好いと思いませんか・・・。
“つまみあご”・・・言わずと知れた“あご=トビウオ”の味付干し・・・玄海灘、五島列島の珍味・・・頭と腸を取った後にタレ漬けして天日干し・・・噛めば噛むほど滲み出る旨味は“めざし”よりも苦味がなく・・・“あご”が“顎”を鍛えてくれながら・・・長~く味わえます・・・。

小倉駅で進行方向が変わって、座席を回しても・・・JR九州の車内情報誌“Please”を読みながら・・・まだまだ、焼酎とツマミを楽しんでいます・・・。12月号は“由布院”のスローライフ特集ですね・・・。
いつの間にか県境の山国川を渡って・・・車窓に映るネオンが見慣れた光景になり始めれば・・・別府駅へ到着するアナウンスが入ります・・・。
by project-beppin | 2005-12-19 22:50 | 旅先の酒と食
<< 臼杵探訪(その1):臼杵城址と... 新出張紀行(その4)/雪景色の... >>