濃醇ビター・フルボディー・・・「竹宵 原酒」
♪ ク~リスマスが ことしも やぁってくるぅ~
  悲しかった できごっとぉを 消し去るぅよぉに~ ♪ (竹内まりあ:すてきなホリデイ)

c0001578_2405743.jpg家族揃って・・・今年もテーブルを囲むことができました・・・。

女房殿が準備した“家族のクリスマス晩餐”・・・次男坊リクエストの“ステーキ”、“スモーク・サーモンのサラダ”と“コーン・ポタージュ”・・・。

この日ばかりは・・・私が“ステーキ”を担当するんですが・・・“ステーキソース”と“ブラック・ペッパー”で好みが分かれるんで・・・大変です・・・。上等な肉ではないですから・・・誰が焼いても変わらないんですが・・・ニンニク油の強火で豪快に焼くのが“俺流”です・・・。

先に出した“ステーキソース”は次男坊と女房殿・・・“ブラック・ペッパー”は長男坊と私・・・。次男坊は「うん、美味しい・・・」と言ってくれました・・・。

さて、私も座っていただきます・・・ショットグラスでチビチビひっかけながら・・・『竹宵 原酒』。

甘~い香り・・・芳ばしい苦さの効いたビターな味わいに重なる濃醇な甘み・・・喉越しとともに、舌先や喉にしっかりと心地よい刺激を残して・・・鼻腔に響く“ビター・アロマ”の残像が余韻となって深まってゆく感じ・・・。

麦ビターな味わいは・・・「常圧 常蔵 原酒」が“スムース・ビター”な甘さが特徴だとすれば・・・この「竹宵 原酒」は“ロースト・ビター”ですね・・・。濃厚な苦旨さがあって、より“フルボディー感”が鮮明に出ています・・・これも、旨すぎますよ・・・。
原酒らしく・・・ガツンとした“直球勝負!”という味わいは・・・この蔵の中でも際立っているかもしれません・・・。

晩餐を終えれば・・・しばらくすると“ケーキ”を食べて・・・あっという間に“聖夜”が深まってゆきます・・・。
そろそろ・・・“サンタ”が来る時間ですねぇ・・・邪魔にならないように・・・私も布団に入って灯りを消しましょう・・・。

■「竹宵 原酒」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)40度・・・ガツン濃厚タイプ
 甘い香りのロースト感に誘われる芳ばしい苦さと濃醇に重なる甘みの濃厚タイプ。心地よく主張するビターな刺激と鮮明に余韻を深めるフルボディー感の旨さが光る秀逸な優品。




c0001578_2392463.jpg部屋の灯りを消して・・・今年一年の最後となる“ケーキ”のロウソクを皆で吹き消します。

c0001578_2394469.jpg皆様にも・・・幸多きことを願って・・・メリー・クリスマス・・・。
by project-beppin | 2005-12-25 02:42 | 大分麦焼酎
<< 臼杵探訪(その5):“切通し”... 花火で過ごすX'mas... >>