“原酒”麦焼酎・・・ガツン濃厚タイプの6銘柄
今年一年、私を魅了した麦焼酎の“ガツン濃厚 原酒”の銘柄をまとめてご紹介・・・
ここまで、飲み揃えると・・・大別した“ガツン濃厚タイプ”といっても・・・幅広い“個性がある味わい”であることがわかります・・・。
私は、“ショットグラス”で味わうことが多いのですが・・・ひとつとして、同じ風味ではないのですから・・・。

今年、最後のエントリーに・・・この原酒6銘柄“ラインアップ”を・・・以下。
皆さん・・・“酔い”お年を・・・。
c0001578_13235399.jpg

■「常圧 常蔵 原酒」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)35度
 ほのかでスウィートな芳ばしさに、甘みを伴って口中に広がるビターな苦芳ばしさの濃厚タイプ。鼻腔に抜けるビター・アロマが拡散して、痺れるフルボディー感も優しく秀逸な逸品。
■「ふしぎ屋 原酒」(藤居酒造:臼杵市/常圧:麦・麦麹)36度
 芳ばしくも甘く柔らかな香りに、舌先に響くビターな甘みが芳醇な濃厚タイプ。転がるようなバランスが秀逸で、ビター・ロースト感も素直に味わえる優品。
■「竹宵 原酒」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)40度
 甘い香りのロースト感に誘われる芳ばしい苦さと濃醇に重なる甘みの濃厚タイプ。心地よく主張するビターな刺激と鮮明に余韻を深めるフルボディー感の旨さが光る秀逸な優品。
■「為・ 原酒」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:麦・麦麹)38度
 骨太なチョコ・ウェハース香と、複雑で芳醇な甘苦い旨みが先行する濃厚タイプ。馥郁たる香りとビターな旨味の残響を堪能する絶品。
■「甕貯蔵 泰明」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)36度
 豊かなビター・チョコ・フレーバーに、スモーキーなホロ苦さと、その奥に重なる甘く円やかなコクをもつ濃厚タイプ。その福与かな口当たりとアルコール感の円熟した喉越しに柔らかく豊かな余韻を楽しむ秀逸な絶品。
■「原酒 兼八」(四ツ谷酒造:宇佐市/常圧:麦・麦麹)42度
 どこまでも深く甘い麦香、ホロ苦いコクの奥行き、アルコール感を越えて折り重なる味わいの濃厚タイプ。芳醇な口当たりと押寄せる味わいの余韻に感動すら覚える究極の原酒。
by project-beppin | 2005-12-30 13:37 | 晩酌焼酎(INDEX)
<< 金比羅大権現の“賀正”・・・今... 臼杵探訪(その7):“磨崖仏”... >>