これぞ“豊後うどん”・・・大分空港の「椎茸うどん」
先日の出張時・・・大分空港の搭乗待合で朝食・・・大分らしい“うどん”を味わいました・・・「椎茸うどん」。

c0001578_13502884.jpg大分は・・・“干し椎茸”の大産地・・・しかし、“生椎茸”も旨いんですよ。

見てください・・・このでかい“椎茸”・・・甘辛く煮付けた肉厚の一枚モノ・・・まるで“黒いフカヒレ”・・・(笑)。箸で持ち上げると・・・肉厚な重量感・・・。

うどんは・・・柔かめのツルツル麺・・・。
ツユは・・・椎茸出汁も効いた濃口醤油仕立て・・・。

そして、この緑の薬味料こそ・・・“柚子こしょう”・・・濃口の出汁に解けると・・・柚子辛~い!独特のヒリヒリ風味・・・。

この“椎茸煮付け”と“柚子こしょう”の組み合わせ・・・食せば・・・体は、温ったまり・・・身は、引き締まり・・・目は、パッチリ!・・・って感じの“豊後うどん”ですよ。

このうどんに出会えるのは・・・HAKUDOU師匠が紹介した“とっぱい”の甕サーバーがある搭乗待合の売店ですから・・・搭乗者だけが食せる“立ち食い”・・・。“立ち食い”ですから・・・“味わう”よりも“掻き込む”が正解ですが・・・これは“味わう”でした・・・。

■椎茸うどん/大分空港 搭乗待合 売店




c0001578_13504149.jpg肉厚な“椎茸煮付け”・・・しっかりした味付の甘辛さが濃過ぎず・・・絶妙!・・・。

“柚子こしょう”・・・シャープに広がる辛橘香・・・出汁に解ければ、芯の通った青辛い風味が・・・口中から鼻腔へ抜ける爽快さが・・・これまた、堪らんのですわ・・・。
by project-beppin | 2006-01-21 13:58 | 美食の街
<< 天然寒鰤の“トロ身”に・・・熟... 南北珍味で・・・薩摩の麦「豊後... >>