澄みわたる味わいスープ・・・中央軒「ラーメン」
先日の日田でもう一軒・・・“河畔夜景”を眺めたあとで・・・小腹が空いて・・・仕上げのラーメン・・・。

c0001578_1184680.jpg隈(くま)界隈のネオンの通りへ戻り・・・まだ、暖簾のかかっている店に入ります・・・“中央軒”・・・。
土地勘のないところでは・・・“街とともにある風情”の店構えに・・・心惹かれますねぇ・・・。

大将に・・・「ラーメン」と告げて・・・カウンターに陣取り、しばらくすると・・・「ハイ!お待ちどうさまぁ~」・・・カウンター越しにラーメン鉢を受け取ります・・・。

おっぅ!あっさりした旨口スープの予感・・・。

始めっから入っている紅生姜と、刻み葱、海苔に・・・“茹で豚”風チャーシューが3枚・・・彩りがいいですね・・・。のびにくい感じのコシのある細麺・・・好いです。

啜ってみたスープは・・・油滴の浮き方が細かくて・・・透明度をもった“醤油とんこつ”スープ・・・コクがあって塩っ気が効いていながら・・・アクのない澄みわたるトンコツベースと醤油ダレで・・・すっきりでありながらしっかりした旨味・・・でした。
紅生姜の香りも・・・きれいに味をまとめてくれます・・・。飲屋街に近い老舗ラーメン店・・・色街の“お姐さま”の出前にも応えている様子・・・なるほど、あっさり系のスープが食べ飽きない秘訣かと・・・。

旨過ぎず・・・澄みわたる“中庸”な味わいが・・・忘れられない一杯でした・・・。

■ラーメン:中央軒/日田市中央
by project-beppin | 2006-01-28 01:21 | 美食の街
<< 大分の麦焼酎“創生期”の味わい... “カニ味噌カナッペ”に・・・香... >>