大分の麦焼酎“創生期”の味わい?・・・“糖添”「由布岳」
今日(30日)は・・・生暖かいような“冬凪”・・・曇って風もなく、鶴見岳も別府湾も霧で霞んでました・・・。

c0001578_2112417.jpg昨日の日曜日、買い物に付き合っていると・・・この『由布岳』を発見・・・。

“飲みたいなぁ~”と思いながら、帰宅すれば・・・今夜は“穴子の白焼き”と“砂ずり・ちりめんのポン酢和え”・・・。

“穴子の白焼き”・・・シンプルに“塩・胡椒”をうって、オーブンで火が通り幾分焦げる程度に焼いただけだそうで・・・淡白な身のホッコリ感に、塩と胡椒の風味が実直な“穴子らしさ”を引き立てます・・・。贅沢ではないのですが・・・旨いです・・・。

“砂ずり・ちりめんのポン酢和え”・・・米酢と砂糖にポン酢を合わせたようで・・・甘酢っぱいく馴染んだコリコリの砂ずりと胡瓜に・・・“別府湾のちりめん”が少しふやけて、塩っけの奥の噛み締める風味に・・・一緒に漬かっている唐辛子がピリリとアクセントを付けてくれます・・・これまた、触感と食感ともに好い味・・・。

即、女房殿に・・・開封を嘆願・・・無事、了承を得て・・・先ずは“生”・・・そして6:4の“お湯割り”・・・。

“生”・・・シャープな微香はおとなしく・・・口に含んで、舌先で甘さが浮き立ち・・・喉に向かいながら辛口の刺激を響かせる・・・喉越しは柔らかいのですが・・・喉の奥にアルコール感の残響が余韻となって長く続きます・・・。

“お湯割り”・・・やはり“甘み”が円~い感じで・・・あと口に淡麗な辛口旨さ・・・。

“甘さが浮き立つ”感じは・・・“糖類添加”の所為でしょうか・・・。この甘さの味わいが・・・この焼酎の魅力でもあり、違和感でもあり・・・“淡麗スウィート”。

次男坊にせがまれて、昨年の秋に買った・・・青い“きりぼんちゃん”・・・。今年になってからは・・・本棚で“埃”を被っていた様子でしたので・・・「由布岳」の応援にご出演いただきました・・・。いかにも・・・露骨に、ワザとらしく・・・です(笑)。

■「由布岳」(小野酒造:由布市/減圧:麦・麦麹・糖類添加)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 おとなしく仄かな微香に、甘さが浮き立ちながら喉越しで軽やかな辛口のアルコール感を響かせる淡麗タイプ。魅力的な糖甘~い円やかさの味わいに想いをめぐらせる良品。
by project-beppin | 2006-01-30 23:59 | 大分麦焼酎 | Comments(6)
Commented by daidai_LA at 2006-02-02 13:15
きりぼんちゃんとはどちらさまでございましょうか(笑) 次から次へと新しい
キャラクターが生まれるのですねぇ。私にとってはまだ「のまネコ」が
最新キャラなんですが…!
“穴子の白焼き”と“砂ずり・ちりめんのポン酢和え”・・・ふぅ、今日も私の
ストライクゾーンど真ん中の素晴らしいメニューですね!砂肝のコリコリが
好きなんです^-^
Commented by tatinomi1 at 2006-02-04 10:29
酎州大分さん。大阪の吟醸の店でなんと、ぶんご銘醸の「唐変木」を発見。

いやあ、旨いですねえ。ちょっとマニアックな味ですが、旨い。

でも、旨すぎるのが、難点。

やはり「たくさん飲むオイさん」には、ドライ淡麗系があうんでしょうかねえ。阿吽の呼吸、?。
Commented by 酎州大分 at 2006-02-05 19:17 x
daidaiさん・・・NHKの“湯布院”キャラ・・・地元では、子供達にしばらく人気者・・・程度の“最新キャラ”です・・・(笑)。

“穴子の白焼き”・・・私より女房殿が感激してました・・・タレより好いと・・・。

“砂ずり・ちりめんのポン酢和え”・・・ちりめんはヒタヒタになった方が口あたりは好いんですがねェ・・・(これ以上は書けマヘン・・・笑)。
Commented by 酎州大分 at 2006-02-05 19:18 x
師匠!・・・おぉ~!麦の「唐変木」 http://chusyuoit.exblog.jp/300077
濃く甘い香り発ちと味わい・・・ここまで来たかぁ~・・・と思いますよね。
私はお湯割りがエエと思います・・・。

青山地区の米で醸した米焼酎「唐変木」http://chusyuoit.exblog.jp/567895
と同名ですが・・・こちらは、せつこさんの処ほか地元限定・・・

“唐変木”・・・ぶんご銘醸のこだわり銘柄でしょうなぁ・・・。
Commented by tatinomi1 at 2006-02-05 19:35
コレを飲んだ酒場。実にマニアックなほどの酒揃え。出るは、出るは。絞りたて生酒、薄濁りに辟易。

「芯のしっかりした、素朴な、燗にあう純米」。コレが出ないもどかしさに、救世主。旨い。

今日家で昼酒。「旨すぎていけん」。ドライ淡麗がのみてえ。さあ、どうしょう。今日はあまりに寒い。ワイはロックかソーダ割り。

湯割りは「雲海」「吉兆雲海は苦手」。いま、熱めの湯割り。60度以上が旨い。やっぱ、湯割りは「雲海」。酎州大分さん、日向焼酎の話になってすいません。

唐変木、佐伯で「青山の米」をのみます。
ぶんご銘醸、がんばれ!県北にまくるな!
Commented by 酎州大分 at 2006-02-05 22:14 x
HAKUDOU師匠・・・贅沢な飲み会もたまにはいいもの・・・唯、出てくるものが「皆旨い」との評判酒では・・・逆に“野暮”。

家酒・・・昼酒・・・日常の旨さは、酒自体の旨さとは別・・・雲海の熱めのお湯割り・・・よさそうですなぁ・・・普通であることに幸福感に浸れる酒を持つことの至福を知っている輩らしい・・・羨ましい限り。

地元で人気の元祖「唐変木(米)」・・・私も飲みたくなりますた・・・(笑)。地の味は・・・全国に広がる・・・県北県南を問わず・・・切磋琢磨・・・でやんす。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “糖添”考・・・焼酎が“逆境”... 澄みわたる味わいスープ・・・中... >>