♪すぅこし白酒ぇ めされたかぁ~♪・・・古式“白酒”「耶馬の初雪」

愚息二人のわが家には・・・無縁の行事ですが・・・“ひな祭り”が近づいてきましたね・・・。昨日、帰り着けば・・・玄関に“立ち雛飾り”・・・「あれっ?なんで・・・」

 ♪ あかりをつけましょ ぼんぼりにぃ~ 
    おはなをあげましょ 桃の花ぁ~ ♪ (唱歌:うれしいひなまつり

c0001578_23434565.jpg最近・・・女房殿の実家が引越ししたんですが・・・その折に義母が見つけて・・・送ってくれたそうです・・・。
「おばあちゃんの(持っていた)“壇飾り雛”の方は・・・処分しちゃったんだって・・・。これは・・・私が小さい時に買ってもらった“木目込み人形”の“立ち雛”・・・久しぶりに見たけど・・・どう?、意外と綺麗でしょ」と・・・女房殿が語ってくれました・・・。

“中津散策シリーズ”は・・・昨日で完了しましたが・・・中津に行った目的は・・・これを探すこともそのひとつでした・・・大分で唯一残る・・・伝統製法で造られた“白酒”『耶馬の初雪』・・・。
その中津訪問は、日曜日(12日)だったので・・・製造直販のシマザワ酒店が休みで買えなかったのですが・・・先日の日曜日(19日)に・・・大分のショッピングモールで見つけました・・・。

ご覧のとおり・・・一見すれば“甘酒”のように見えるのですが・・・私も女房殿も・・・この本来の“白酒”を飲むのは・・・はじめてです・・・。

原料のもち米や米麹などを“石臼”で挽き溶かして・・・熟成させたアルコール度数12°以上・・・れっきとした“お酒”(酒税法上はリキュール類扱い)です・・・。高盃の代わりに・・・手吹きガラスのグラスに注いで・・・いただきました・・・。

香りは、昔ながらの甘酒のようですが・・・甘酒ほど、“麹”由来の匂いが気にならず・・・甘馨しいです・・・。
飲んでみると・・・“トロみ”のある微粒子固形分が混じっている舌触りに・・・上品でしっかりした“甘ぁ~い”味わい・・・。
昔、上新粉を溶いて米糊をつくったことがあるんですが・・・その時、つくっている途中で舐めた舌触りを思い出して・・・それがそのまま濃く“甘酒”になったような味わいです・・・。

この古式ゆかしい風味を“懐かしい”と思えないのは・・・男系家族であった私の“性(さが)”ですが・・・女房殿は、雛飾りができたことと・・・これを飲んで気に入ったようで・・・ちょっと“上機嫌”でした・・・(笑)。

♪ 金のびょうぶに うつる灯を~  かすかにゆする 春の風ぇ
  すぅこし白酒ぇ めされたかぁ~ あかいお顔の 右大臣 ♪

ちなみに・・・雛飾りの立ち位置・・・“脱和入洋”でこうなったって・・・知ってましたぁ?・・・(私は恥ずかしながら・・・知りませんでした)。




大分の地元デパート系列のショッピングモールでは・・・ひな祭りに向けて・・・こんな感じで“白酒”やノンアルコールの“甘酒”が特設販売されていました・・・。
c0001578_0582779.jpg

白酒」(しろざけ)は・・・神酒(みき)となる“白酒(しろき)”や“黒酒(くろき)”とはちょっと製法が違っていて・・・北部九州独特の「練酒(ねりざけ)」と呼ばれていたモノが元祖だそうで・・・古代酒の原型を最も留めている酒造りだとか・・・。

日本酒造組合中央会のHPの“What's 日本酒”のコンテンツでも・・・室町時代、寛正7年(1466年)の『蔭涼軒目録』に「筑前博多の練緯酒(ねりぬきざけ)」として・・・応仁2年(1468年)『碧山目録』に「豊後の練貫酒(ねりぬきざけ)」として・・・記述があるとされています・・・。

福岡県でも・・・飲み易く復元された「練酒」が造られているようで・・・こうして“昔ながらの酒”が、今でも飲める悦びを・・・このひな祭りの機会に・・・。
by project-beppin | 2006-02-22 23:48 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(4)
Commented by きたかた at 2006-02-23 00:53 x
佐賀県の某清酒蔵に、どぶろくを購入依頼をしました。
にごり酒ではありません。酒税法では「その他雑酒②」ということです。
なんでも飲むというより、食べるという感じらしいです。
濾過しないという点では、白酒と同じですね。
白酒はみりんなども加えるということなので、どぶろくよりも甘口と思いますね。たまには甘い酒も良いですよ。


Commented by 酎州大分 at 2006-02-23 01:52 x
きたかたさん・・・どぶろくとはまた違った甘い甘い“白酒”も・・・美味しいです。たまには、甘口の酒・・・感激でした・・・(笑)。

↓岡山・・・味醂をもとにして造られる粘りが強くてスプーンでというもの
http://www.41sake.com/

↓東京・・・江戸にも老舗があるんですね
http://www.toshimayasyuzou.co.jp/shirozake.htm

↓京都・・・ももやま白酒(宝酒造)本みりん入り
http://www.rakuten.co.jp/izmic-ec/402509/681315/680030/#709015

などがあるとは・・・白酒も地道に造られているんですね。
Commented by yaku at 2006-02-24 22:05 x
我が家は娘2人ですが、夫々に女房殿の手作り木目込み人形があります。
不思議なことに、と言うか驚くほどに夫々の人形の表情が夫々の娘の特徴にそっくりなのです。
と言うことは、隣にいる雛に似た男を捜せば良いのかな。
君たち頑張って探しなさい。
しかし、この白酒は余程美味しいと見えて、「酒」の字があんぐりしていますね。
Commented by 酎州大分 at 2006-02-25 00:48 x
yakuさん・・・奥様はすごいですね・・・わが子に手作りの雛人形とは・・・娘さんにとっては・・・何物にも変えがたい思い出の人形でしょうねぇ・・・。

表情までそっくりなのは・・・やはり、母の想いが宿るからだと思います・・・手づくりが吹き込む命のような何かが・・・人形には表れると・・・私も思いますもん。善いお話をお聞かせくださいました・・・。

そのうち・・・捜さなくても・・・突然、その“お内裏様”を連れて・・・yakuさんの前に・・・(笑)・・・ですよ・・・きっと・・・。
その時は・・・この“白酒”で・・・祝ってあげてください・・・“お内裏様”を見ながら・・・。

この銘柄ラベルの字・・・どこか愛嬌があって・・・憎めないですよねぇ・・・。
私は・・・この製造元のHPにある・・・“50年前の白酒を復元”の藁コモに包まれたラベル字体とその図柄構成が・・・復活してほしいのですが・・・。
あまりにも・・・うけ狙い過ぎて・・・レトロチックな復古主義的ですかね・・・(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 焼酎と白酒の“直燗”ブレンド・... 中津散策(その6):“耶馬の三... >>