もうひとつの“白酒”・・・豊後の正調「花の宴」
冷たい雨が降っていました・・・でも、雨ですから・・・春が近づいてきたんでしょう・・・“桜”の開花予報も発表されましたし・・・。“桃の節句”も・・・明後日ですね・・・。

c0001578_23403234.jpg今日は早く終って・・・酒屋を廻ってから20時に帰り着きました・・・。
酒屋を廻った理由は・・・この“白酒”探索だったのです・・・。

実は昨日、「中津の古式“白酒”を飲んだョ」と・・・知人に自慢気に話したところ・・・

知人 「えっ?竹田でも造っちょる(造っているの意)って、テレビで見たぞぉ~」と・・・。

私 「竹田でぇ?、まだ造っちょるって・・・?」

そんな会話をしたもんですから・・・別府の酒屋で焼酎物色、兼、もうひとつの“白酒(しろざけ)”探索・・・。

たまたまでしょうが・・・道すがらに寄った酒屋で運よく発見!・・・レジ脇に置いてありました・・・熊谷酒造さんの“白酒”『花の宴』・・・アルコール度数13°。

“焼鳥”ほかで夕食を終えて・・・アテに残しておいた女房殿お手製の“椎茸と肉入りの金平牛蒡”とともに・・・早速、飲んでみました・・・。

女房殿は・・・ショットグラスに入れて、そのまま“トロリ感”を・・・。
私は・・・“きたかたさん”にコメントした美峰酒類(新潟支社)さんの米焼酎「こしひかり」25°で割り増しし・・・更に、“お湯割り”にしたものをよくかき混ぜて・・・飲みやすい“ブレンド・カクテル”で・・・。

“ブレンド・カクテル”は・・・ちょっと米焼酎の辛みが出ていますが・・・この“白酒”由来の奥行きのあるコク甘みの味わいもあって・・・それなりに旨いです・・・。

女房殿も・・・「トロっとしていて、オイシイ」と・・・お気に入りです・・・。
そんな会話をしながら・・・“白酒”を楽しむ私たちの前には・・・宿題を終えた次男坊・・・パジャマ姿で“ケロロ軍曹”の似顔絵を描いて遊んでました・・・(笑)。




c0001578_23405097.jpg私も、二杯目は・・・“そのまま”でいただいています・・・。

香りは・・・甘いコク深さを感じますね・・・。飲んだ感じの口あたり・・・トロっとしている粘度も・・・練りあがった米糊のように滑らかです・・・。
なんといっても、その味わいが・・・“甘酒”とは違って・・・独特のコクのある“芳醇濃厚”・・・。この風味を醸すアルコール分は・・・間違いなく“焼酎”です・・・。

飲んだ時に、表面に出てくる甘旨みが・・・落ち着いているんですが・・・その奥に潜むアルコール由来のコク旨みに・・・何となく“正調粕取焼酎”の“長期貯蔵=古酒”のような・・・芳香風味があるんです・・・。

喉越しに・・・“辛旨さ”が混じったような味わいも感じるので・・・この中には・・・熊谷酒造さんの“唯一無二”の米麦焼酎「岡城」が入っているのかな?・・・それとも?・・・と思ってしまうほど・・・“焼酎好き”には堪らない“白酒”です・・・。

豊前中津の「耶馬の初雪」が“甘酒”に近い味わいであるのに対して・・・豊後竹田の「花の宴」は・・・“癖”はありますが、“米麹焼酎”を柱にした“コク深い”味わいのような気がします・・・。

“地霊”の宿る酒文化・・・飲んでみないとわからないところが・・・“飽くなき興味”を、深化させてくれるんですね・・・。
by project-beppin | 2006-03-01 23:41 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(6)
Commented by きたかた at 2006-03-02 19:37 x
いつも思うのだが、この手の酒(白酒、どぶろく、にごり酒)を長期保存したらどんな風味になっているのだろうか・・・と。
まろやかな味なのか、それとも米が変質して不味くなってしまうのか。
ドロドロの酒粕は、何年経っても味が不味くなることはありませんし・・
むしろまろやかになっていますし。
どぶろくも度数が低い(11度)せいか、すぐに一本飲みそう。
焼酎との“ブレンド・カクテル”で、‘長持ち’させましょうぞ。



Commented by 酎州大分 at 2006-03-02 23:58 x
きたかたさん・・・これら本来の“白酒”(しろざけ)は・・・変質しやすいのでこの時期に合わせて限られた量だけ仕込んでいるようですね・・・。
やっぱ、米、米麹を石臼で擂り潰してあるから・・・変質するんじゃないでしょうか?・・・先般ご紹介した豊前中津のシマザワ酒店さんのHPでは・・・
http://www.shirozake.net/hozon.htm
>・・・日がたつにつれて刻々と味が変わってまいります。瓶詰日より、一年以上たつと色がミリン色に変り、味も変化しますので、開封後はなるべくお早目にお召し上がり下さい。

・・・と書かれておりますからねぇ・・・。

桃の節句にあわせて・・・“二豊”(豊前・豊後)に残る古式伝統の“白酒”を・・・はじめていただくことができたのですが・・・焼酎との“ブレンド・カクテル”と・・・女房殿の“そのまま”飲みで・・・明日の節句で飲み終わりそうな勢いです・・・(笑)。

それにしても・・・“白酒”・・・“よくぞ、今まで残っていてくれた!”・・・という味わいです・・・大分の“酒の歳時記”には、欠かせない・・・いつまでも、味わえる伝統の酒として・・・焼酎や清酒のみならず・・・受け継いでほしいもんです・・・。
Commented by きたかた at 2006-03-03 10:19 x
色がミリン色に変わり・・・う~ん、ますます長期保存をやってみたくなりました。清酒の長期物には、赤色に変色したものもありましたからね。
10年後ぐらい経った時に「10年前の白酒やで」と言ってみたい。
こんな事に興味を持っている人っていないかも。(笑)
「白酒」「でぶろく」「にごり酒」でやってみようと思います。

今日は節句、「よくぞ、今まで残っていてくれた!」でしたか?(笑)
Commented by 久家本店 足立 at 2006-03-05 01:01 x
このブログを見て白酒買って飲みました。
今日はそのまま飲んだのですが、明日はブレンド・カクテルで味わってみます!
Commented by 酎州大分 at 2006-03-05 13:05 x
きたかたさん・・・我が家では昨日、完飲・・・。女房殿は・・・“味が変わってきた”と言ってました・・・。

この白酒は・・・どうも火入れしてませんから・・・開栓時にポンっとなるようですので・・・参考までに・・・。
何事も“挑戦”ですからね・・・秘蔵酒・・・期待しています・・・。

>今日は節句、「よくぞ、今まで残っていてくれた!」でしたか?
上手い!・・・そうです、よくぞ・・・でした・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2006-03-05 13:16 x
足立さん・・・買っちゃったし!、飲んじゃったし!・・・ですな・・・(笑)。

やっぱ、甘酒とにごり酒とは・・・全く違いますよね・・・美味いかどうかよりも・・・古式伝統の味わいとは如何に?・・・に興味がありましたもんですから・・・こうやって、他の大分県人の方にも味わってもらえると・・・少しは“白酒”も・・・酒文化として・・・見直されるかもしれませんね・・・。

一本まるまる飲むことが・・・億劫な私(笑)・・・ブレンドカクテルで“新境地”を見出そうとしましたが・・・はてさて、皆様のお口に合うかどうか・・・?。
でも、こうやって・・・楽しむことができるのも・・・“白酒”があればこそですから・・・。グレナデンシロップや・・・カンパリなど・・・オリジナルのカクテルを・・・なんて・・・考えてはいるんですが・・・どっかのカクテルBARに持ち込んで・・・試してみたいですよね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “春の先取り”の光景・・・別府... “Strong Dry”なエッ... >>