GATUN!!!と“DRY”ビター・・・原酒 「狩生梅五郎」
昨日とは・・・一転して暖房の要らない“春本番”を感じる日和・・・。桜の蕾も・・・膨らみ始めましたよ・・・。

c0001578_1212428.jpg相変わらず・・・帰りが21時を過ぎたのですが・・・気分的には心の“なごり雪”も・・・少しは融けたってところでしょうか・・・なんとなく余裕ができた感じ・・・。

そんな気分もあってか・・・“軽食喫茶”のような夕食でも・・・“おぉっ、好いですなぁ・・・”と・・・心の中で“声”を出してましたね・・・(笑)。

茹でたての“明太スパ”と・・・冷凍ピザに女房殿の“オリジナル・トッピング”です・・・ベーコン、チキン、オニオン、コーンと“バジルペースト”・・・。

“オイリー”な食事です・・・少しだけ飲みたいです・・・この油っ濃さに負けない“ショットグラス”です・・・“常圧”です・・・40°です・・・原酒 『狩生梅五郎』・・・。

嗅ぎながら深呼吸したくなる“麦チョコ・ビター”なアロマ・・・。
含んだ瞬間は・・・クルッと軽やかな甘みがありますが・・・喉へと向かって“GATUN!!!”と響きます・・・苦く痺れる“DRY”ビター感が・・・“ぐぐっ”と迫ってきますよ・・・。
余韻のシャープなアルコール感が続いているうちに・・・その奥にある麦の香が・・・“再浮上”してきます・・・。

油っぽいこんな食事には・・・この“GATUN!!!”と“DRY”ビターな・・・“ワン・ショット”が・・・効きます・・・。“DRY”な濃厚さは・・・あの“ガツン系の6本”にも負けず劣らず・・・特筆すべき優れモノかも・・・。

■「狩生梅五郎」(ぶんご銘醸:佐伯市/常圧:麦・麦麹)40度・・・ガツン濃厚タイプ
 豊かな麦チョコビターなアロマに、軽快な甘みの序奏のあとで、重奏感を伴って苦く痺れるキレをもつ濃厚タイプ。その迫ってくるようなドライなシャープさの余韻と麦の香を再び呼び起してしまう味わいの協奏曲を奏でる秀逸な逸品。




c0001578_1215654.jpgこの“緑黒く”見えるものが・・・大分産の“バジルペースト”・・・バジルの香りが引き出されるようで・・・これが、有ると無いでは・・・風味が、一味も二味も違っていて・・・実に、旨いです・・・。

焼き上がってプクプクと動くチーズに・・・“バジルペースト”のオイルが艶やか・・・。

c0001578_1355450.jpg“ショットグラス”にへばりつく・・・高濃度アルコールの“滴”のリング・・・。
by project-beppin | 2006-03-16 01:27 | 大分麦焼酎 | Comments(6)
Commented by taisyo1008 at 2006-03-16 21:09
いつもながら料理上手な奥様がいて羨ましいかぎりです。
冷凍物でも一手間加えればまるで別物になりますね。
うわ〜口の中のよだれが止まりませぬ〜たすけて〜
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2006-03-16 21:45 x
昨日、日帰り大分でした。
日経で大分県が県民所得一位。でも実感がないようでした。

県南、県北格差が広がるでしょうねえ。

いま空港で買って帰った「とっぱい」を一杯。
旨い、たまらん。西の関飲みには、コレが一番馴染むんじゃろかー。
安心院んじゃろかー。

安心院蔵の「万九郎」も買ったけんども
ええなあ。どげえしてん「とっぱい」がたまらん。

西の関飲みは「とっぱい」んごてある。
Commented by 酎州大分 at 2006-03-16 23:01 x
大将!・・・大きな声では言えませんので・・・今度釣り場で・・・(笑)。

この“バジルペースト”はこの手の料理の“一手間”には魔法の逸品かも・・・私は好きなんですよこの香りと塩っ気が好いもんで・・・。

筍・メバルの・・・季節になりましたね・・・。
Commented by 酎州大分 at 2006-03-16 23:12 x
HAKUDOU師匠・・・大分でホーバー乗船・・・日帰りとは・・・あんまりじゃ~・・・。

ホントですかぁ?という実感・・・“護送船団”方式ではなくなった今・・・“所得の再配分”による“地域格差是正”機能も低下・・・勝つ者は勝て・・・沈む者は沈め・・・の構図・・・大分もはっきり言ってそんな感じでしょうね・・・地元民の一部には・・・“企業植民地”による“ご祝儀”現象・・・との声も・・・頷けます・・・。

その統計上のトリック・・・“突然配当”・・・“突配”・・・これがホントの“とっぱい”でしょうか・・・悲しいのう・・・焼酎の味わいとは全く違うの~・・・。

地の人の心も・・・“安心蔵”(あんしんぞ~)から・・・“万九郎”(よろずくろう)に・・・変わったんでは・・・困りますからね・・・。
Commented by You at 2006-03-24 09:12 x
なななーーんと、昨晩飲んだ「ぶんご太郎」は、ここの蔵の麦焼酎だったのですねぇ。全然意識せずに買って飲んでました。
 球磨の「豊永蔵」を想像させる似た香りと味わいを不思議に思い、調べて判りました。良い造りしてますねぇ・・・・納得。

以上
Commented by 酎州大分 at 2006-03-25 10:24 x
Youさん・・・“ぶんご太郎”隠れたドライ淡麗系麦の雄ですもんね・・・。
この蔵・・・減圧の麦の香りを追求している銘柄が幾つかありますが・・・その原点たるレギュラー酎こそ・・・“ぶんご太郎”ですから・・・。

県南の“番匠川”をこう呼ぶんですね・・・。

『狩生梅五郎』・・・この蔵の常圧・・・原酒ではこの銘柄ですが・・・25度タイプの銘柄が未だに見当たりません・・・限定モノなのかなぁ?・・・。
また、豊後へ起こしの際は・・・探してみてください・・・地焼酎・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 黄昏散歩・・・東別府 なごり雪・・・この冬の寒波“終来” >>