“Barley Aromatic & Rich ”・・・「全麹常圧蒸留 原酒」
桜はなんとか週末まで持ちました・・・今日は少し風がありますが・・・絶好のお花見日和・・・。昨夜も、各地区の夜桜の下で“ブルーシートの宴”が“花盛り”でした・・・。

c0001578_13342968.jpg私の昨夜はというと・・・“いいちこ日田蒸留所”の原酒シリーズの“鳳啓介”を・・・いただきました(笑)。

そうです・・・“減圧の巨人”が蒸留した“常圧の恋人”・・・『全麹常圧蒸留 原酒』。当然・・・ショットグラスで“生”のまま・・・。

先ずは、その“全麹常圧”の香りとやらを嗅いでみると・・・これこそ“麦チョコ”・・・脳裏に、その甘~く濃厚な芳香が鮮明に残ります・・・。

そして、一口・・・。
・・・くぅ~、わぉっ~!・・・気化するアルコールの芳ばしい刺激も洗練されていて・・・尚且つ解き放たれたように口中と鼻腔へと広がる豊かなコク・・・大麦麹の“芳醇”と“豊潤”が重なったような甘みとは・・・こんなに純真で深い味わいなのかぁ~・・・と感心してしまいました・・・。

兼八」が“Impact body”の代表とするなら・・・これは“Rich body”・・・バランスが好く“味極められた”風味です・・・実に旨い!!!

仮に・・・麦のガツン濃厚タイプを好む御仁に対して・・・何の“先入観”も与えず“ブラインド・テイスティング”をしたら・・・多くの方が上位に挙げるんじゃないでしょうか・・・。酒質という意味では・・・“Standing ovation”モノです・・・。

ただ、この“味極められた”風味を・・・“計算された”風味というイメージで取り違えると・・・“地霊”の宿る味わいではない・・・という御仁もいらっしゃるでしょう。
“Barley Aromatic & Rich ”・・・私は、素直に“地霊”が具現化した“現人神”の宿る味わいに思えましたがね・・・(笑)。

このショットグラスには・・・アテは要らない・・・と思っていたんですが・・・“塩茹でピーナッツ”を“紫蘇実の佃煮”と絡めた・・・“茹で紫蘇ピーナッツ”を摘みました・・・。

■「全麹常圧蒸留 原酒」(三和酒類:宇佐市/減圧:大麦麹)44度・・・ガツン濃厚タイプ
 洗練された麦チョコ・アロマの濃香な甘芳ばしさと、大麦由来の洗練された“芳醇”なコクと全麹由来の純真で“豊潤”な甘旨さが重なり合ったようなガツン濃厚タイプ。“味極められた”アルコール感にバランスの優れた風味を宿し、思わず虜になってしまいそうな絶品の逸品。




c0001578_13345465.jpg“茹で紫蘇ピーナッツ”・・・コンビニで買った“塩茹で南京豆”に・・・ご近所からいただいた“紫蘇実の佃煮”を単純に絡めただけ・・・。

ふやけた南京豆ですが・・・淡い塩っぱさで独特の“クニャコリ”とした食感・・・煮詰めた醤油佃煮の味も移ってますし・・・噛んで弾ける紫蘇実の香りも・・・ちょっとしたアクセントで・・・それなり・・・。

ショットグラスには・・・こんな“一粒モノ”が・・・私には、丁度いい感じです・・・。
by project-beppin | 2006-04-08 13:37 | 大分麦焼酎
<< 瞠目の丼姿と驚愕の食べ応え・・... “Cask Fragrant ... >>