豚シャブとともに・・・「八面山」の水割り
冬らしくなってきましたな・・・ついに我が家もストーブを入れました。

c0001578_20312189.jpg「ただいま~」と食卓のある部屋に入ったとたん・・・湯気の気配・・・ははぁ~ん、鍋だな・・・水炊き?・・・と思って食卓を覗き込むと・・・“豚シャブ”でした。

そっか~、カボスもたくさんあるし、カボス醤油で・・・さっと泳がした豚と豆腐をフ~フ~・・・いただきましょう。

熱った口の中を・・・麦らしい上品な旨甘さで・・・冷ますのがいいでしょうね。
今日は、『八面山』を萬太郎水で割っていただきましょう。

ロックだと冷えすぎるのですが・・・酎8:水2程度で割水した水割りは・・・口に含んで、香りと麦甘さをころがしながら・・・スーと喉越しを楽めるんです。これが・・・丁度いい・・・。

■「八面山」(大分銘醸:宇佐市/常圧:麦・麦麹)25度・・・スムース旨口タイプ
長期貯蔵でカドがとれ、麦本来の甘さと香りが上品な旨口タイプ。豊かな甘さの奥にころがるアルコール感に惚れる美品。
by project-beppin | 2004-12-06 20:37 | 大分麦焼酎
<< 3つの個性がつくり出す・・・「... ブレンドの妙を味わう・・・米麦... >>