春の“旬食”晩酌・・・馬刀貝(マテガイ)
今日は・・・晴天の中、“濃霧”のごとく霞む遠景・・・例年になく、深い霞・・・“黄砂”が大分を覆っていたようですね・・・。

c0001578_2331242.jpgスーパーで“旬”を見つけた一品・・・情けないことですが、そんなことが多い我が家です・・・(笑)。

今夜の晩酌の肴も・・・“旬食”・・・そう、“潮干狩り”のシーズンであることを思い出させてくれた・・・宇佐産の茹で「馬刀貝」・・・。

この刀の“鞘”のような二枚貝・・・潮の引いた遠浅の砂浜で・・・潜った“貝穴”に食塩をふりかけると・・・しばらくして“ニョキッ”と鞘貝ごと頭を出して・・・簡単に獲れるという貝・・・俗称“バカ貝”・・・。

でも、味わいは・・・独特の“潮の香”と濃い“貝身”の旨味・・・“あさり貝”がもっと“旨っコク”なった感じ・・・。

茹で上がりが冷めると・・・ちょっと癖のある匂いが残って・・・女房殿や愚息どもには、もうひとつ人気がありませんでした・・・実は、・・・子供の頃は、私も嫌いだったんです・・・(笑)。
今では・・・この“辛子味噌”につけて食するこの貝味・・・好きで堪りません・・・。

■ 馬刀貝(マテガイ):我が家(自宅)/別府市




c0001578_23315394.jpg濃い“貝身”の肉質感・・・味わいに残る好い意味の“潮臭さ”・・・この多少グロテスクな姿でなければ味わえない“食感”が・・・子供の頃の“潮干狩り”の記憶を呼び覚ます“原味覚”であるからなんでしょうかねぇ・・・。

晩酌焼酎は・・・「焼酎倶楽部」の“ロック”と・・・「花の宴」の“お湯割り”でした・・・。
by project-beppin | 2006-04-25 00:10 | 美食の街
<< ひとときを楽しむ“ロースト・ロ... 白滝のすべり台・・・竜門の滝 >>