ひとときを楽しむ“ロースト・ロック”・・・「舞香」
なかなか、ゆっくり飲めない日々が続いています・・・G.W.前は、それなりに忙しさを楽しみながら・・・なんとか、頑張ってます・・・(笑)。

c0001578_2225748.jpg今日は21時をまわって帰着・・・夕食後、すぐに風呂・・・22時を廻って・・・“飲める悦び”・・・。

帰り着くのが、遅くなってしまうことで・・・“量を飲む”というより“味わって飲む”・・・と思ってしまうんですね・・・。

こういう日には“食中晩酌”ではなく・・・寝酒に近づく“ひととき晩酌”・・・。

スティックタイプのビスケット“野菜バー”を咥えて・・・ゆっくり本でも読み返しながら・・・“ロック”で『舞香』を・・・。そうです・・・あの「特蒸 泰明」の“長期貯蔵酒”・・・。

氷が浮かぶグラスの透明な液体に口を近づけると・・・“はったい粉”を焙煎したらこんな香りではないのか?と思ってしまいます・・・。麦香の“スモーキー”な甘さを深呼吸して嗅ぎたくなるような・・・ガツン系の見事な“Fragrance body”・・・。

冷えた香ばしさのホロ苦い甘みの口あたりは・・・正に“ロースト・ロック”・・・清々しさを伴って、きれいな喉越しへと“昇華”します・・・アルコール感が“円熟”した心地よい円やかさ・・・。余韻は柔らかく・・・“安らぐ”味わい深さです・・・素直に旨い・・・。

先日発表になった熊本国税局の“18年酒類鑑評会”の入賞結果・・・「泰明」で入賞した藤居醸造さんへの“祝杯”も兼ねて・・・この旨さを味わいながら・・・“ひととき晩酌”を楽しむことができました・・・。

(愛用のデジカメが“電池切れ”・・・長男坊の携帯スナップ撮影で・・・。)雰囲気は、お伝えできていますでしょうか・・・?

■「舞香」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 麦香のスモーキーな甘さの心地好い香発ちと、香ばしさのホロ苦い甘みの円熟した濃厚タイプ。ロースト風味でありながら清々しいきれいな喉越しに、アルコール感の円やかさが味わい深い気品を漂わせる逸品。
by project-beppin | 2006-04-28 00:56 | 大分麦焼酎
<< 直火焼の二度浸け濃口ダレが旨い... 春の“旬食”晩酌・・・馬刀貝(... >>