“梅栗植えてハワイに行こう”・・・農園ショップ「木の花ガルデン」
大山川を下って国道212号線を日田市内へと向えば・・・今では大人気の大山町農協(JA大分大山町)直営・・・アンテナショップ「木の花ガルデン」があります・・・。

c0001578_9195590.jpg国道沿いの川縁に新緑に包まれて・・・白壁の建物が建ち並んでいて・・・如何にも“奥様方”の好きな“オーガニック”な風景に溶け込む感じがあります・・・イメージ戦略も“お見事”・・・。

“大山町農協”・・・昭和30年代、日本中が“米作一辺倒”の時代に・・・少ない耕地を水田から果樹園に転換することで・・・土地効率の高い換金作物として“梅と栗”や“きのこ”の栽培を奨励するという・・・“逆転の発想”に賭けた山間地農協の挑戦・・・。

その後は・・・日々価格変動する“一次産品市場”から脱却して・・・価格決定権を持ち、日持ちする“農産加工品=二次製品製造直販”体制を確立・・・。
同時に・・・徹底した安全安心な品質を追求・・・。

国や県の画一的な政策に・・・“おんぶに抱っこ”して、自ら思考回路を麻痺させなかったところが・・・この農協のすばらしいところでしょう・・・。

その結実した・・・ひとつの姿が・・・このアンテナショップに現れていると・・・。

もちろん・・・我が家の女房殿も・・・そのイメージ戦略を見逃すわけがありません・・・(笑)。

お目当ては・・・この中の一角にあるオーガニック農園の“農家もてなし料理バイキング ”です・・・。




c0001578_92086.jpg「木の花ガルデン」の敷地内にある“オーガニック農園”・・・バイキング・スタイルのレストランです・・・。


c0001578_9202487.jpg店内は・・・有機野菜の料理を中心に数十種類のお惣菜と炊き込みご飯類などなど・・・。大きなプレート皿に好きな料理を好きな量だけ・・・ついつい、取り過ぎに注意です・・・。

それにしても・・・大人気で満席の店内・・・


c0001578_9204372.jpg私は・・・こんなに取っちゃいました・・・(笑)。

筍ごはんやうどん・・・そして、このプレートに“強欲”な盛り付け・・・(笑)。

女房殿には・・・「炭水化物の取りすぎよぉ~!」と・・・睨まれる下品さと・・・。


c0001578_921054.jpg山菜の天ぷら、地鶏の唐揚げ、舞茸煮などなど・・・。上品な味付けで美味・・・。


c0001578_9211989.jpg他にも・・・揚げ牛蒡、エノキ茸と梅肉の和え物、きのこスパゲティーなどなど・・・。比較的薄味ですから・・・食べ飽きない美味しさという感じ・・・。

有機栽培の緑茶やコーヒーやハーブティーなどなど・・・ドリンク類も充実・・・。
もちろん、別料金ですが・・・焼酎などのアルコール類もあります・・・。


c0001578_9214747.jpg食事を終えて・・・園内の販売所や施設を見学・・・。

ここは・・・“梅干の石蔵”・・・石造りの地下貯蔵庫になっていて甕の中で年代モノの梅干が眠っています・・・“ワインセラー”のように年中一定の温湿度で保たれていてひんやりした空気が心地よいです・・・。


c0001578_9221270.jpg半日でしたが・・・日田市大山の“山間地の魅力”を・・・感じることができました・・・。

これから、夏にかけて・・・鮎漁が解禁になれば・・・もっと“美味しい大山”に出会えるかもしれません・・・。
by project-beppin | 2006-05-01 11:50 | 大分の風土・行楽
<< 田楽風“山葵味噌練り天”に・・... 大山川・・・筑後川源流“道の駅” >>