生粋の“長浜”味・・・元祖 長浜屋 「ラーメン」
先週・・・福岡へ日帰りの“運転出張”・・・。昼過ぎに・・・サラリーマンの正しき“FS(Fukuoka・Style)”で“ワンコイン昼食”となれば・・・『元祖 長浜屋』ですね・・・。

c0001578_20594878.jpg食券を買って・・・店内へ入ると、直ぐさま店員の一声・・・「いっぱぁ~い」で・・・オーダー終了・・・(笑)。

客の私はというと・・・混み合う店内で席を確保して・・・セルフでお茶を注いで待つこと約“1分”・・・インスタントよりも早く出てくるという優れモノ(笑)こそ、この「ラーメン」・・・。

一見、無造作に“葱”と“コマ切れ肉”だけかいっ!・・・と思われるかもしれませんが・・・これが“長浜ラーメン”の“原器”・・・ブレることのない風情が宿る“老舗の美学”があります・・・。
私にとっては・・・“元祖”と名乗る店の中で唯一“認める”店といっても過言ではありません・・・。

その“核心”味わいは・・・絶妙な“旨かスープ”と滋味な“ストレート細麺”の調和ですね・・・。

長浜の“旨かスープ”・・・コッテリし過ぎない“真髄とんこつ”と表現したいんですが・・・“あっさり”した口あたりながら・・・とんこつ本来の旨味が“のってる”感じ・・・。

“ストレート細麺”・・・私は“ふつう”の茹で硬さが好きなんですが・・・“かんすい”の滋味な旨さがスープを伴って・・・歯応えも細麺の“王道”といった感じ・・・。麺の量も・・・オヤジ好み・・・。

食べ飽きない馴染んだ旨さこそ・・・庶民の味でしょう・・・。もちろん“替玉”も“ゴマ”も“紅生姜”も“薬缶タレ”も・・・堪らなく“うまかぁ~”・・・(笑)。




c0001578_210596.jpg見てください・・・“博多んモンは、横道もん”というべき・・・このシンプルさ・・・。

“ラーメン400円”と“替玉50円”と“替肉50円”という“お品書き”のみ・・・。

“24時間営業”というこの店の真骨頂・・・残りボタンは、アルコール・・・“焼酎200円”、“酒350円”、“ビール400円”・・・。

ここで・・・焼酎呷って、ラーメンを掻き込む・・・そんなオイさんに会いたいのう~・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-06-04 21:14 | 旅先の酒と食
<< 焼酎ベースの“別府八湯カクテル... 無垢な焼酎・・・6銘柄(その12) >>