“ナシカ!”の“酎上絵”・・・「原酒 なしか!」
朝には雨も上がって・・・陽射しも眩しい日中と蒸し暑さの残る夕方・・・。早めに、家に帰り着けば・・・鍵がかかっていて、誰もいない・・・。19時前になって、次男坊が遊び疲れて戻って来ました・・・。

c0001578_0232017.jpgそうです・・・今日から女房殿は“東京”・・・。我が家に残るは、オヤジと愚息ども・・・“野郎三匹”・・・(笑)。

張りきって“男子厨房”をと・・・“オヤジの手料理”の提案したところ・・・愚息どもから“大ブーイング”・・・。
次男坊 「遅くなるぅ~ 腹減ったぁ~」
長男坊 「不味かったら、食えんっちゃぁ~」

オヤジ 「じゃぁ、“吉牛”の“豚丼弁当”かぁ~?」

次男坊 「まぁ、いいよぉ~」 
長男坊 「まだ、(その方が)マシやし・・・」

チェッ・・・。そんなこんなで・・・“豚丼”、“お新香”、“味噌汁”・・・の夕食・・・。
食べ初めれば・・・(心の中では)三人とも・・・「たまには、うめぇ~なぁ」でした・・・(笑)。

さてと・・・洗濯物を取り込んで、宿題をさせて・・・愚息どもが風呂に入って・・・やっと“週末晩酌”・・・暑くなってきたので、“バンッ ズビッ バン!(Bounce with me Bounce!)”と・・・『原酒 なしか!』・・・。

アテは・・・コンビニの“牛蒡天”と・・・夕食の残りモノの“紅生姜”・・・。

“原酒 ロック”・・・ドライな減圧系でありながら、含んだ甘味が“ビヴィット”で・・・鼻腔へ広がる“全麹仕込み”のブレンドが醸す香味の拡散・・・まるで“シャンプー香料”のような鼻抜け・・・。

私には・・・氷に解けて馴染む液体の甘旨さより・・・不意を衝かれるようなこの“吟麗”香味が・・・何故か、もうひとつ馴染めないんです・・・特に“ロック”では・・・。

となれば・・・ドライ系のロックには“天下の宝刀”・・・“かぼす果汁”をタラ~リ・・・(笑)。

氷を振るように・・・軽くグラスごと“ステイ”して・・・“グビッ”っと飲めば・・・くぅ~、これです、これ・・・抜群に旨さが光る“豊後のDRY GIN”ってな感じ・・・痺れるほどシャープに響く旨さ・・・。

たぶん・・・他の“柑橘系果汁”や“焼酎用レモン”では・・・ここまで“ど真ん中”に来ないような“COOL”な風味です・・・。
これこそ、減圧の原酒らしいテイスト・・・“味覚中枢”に“バンッ ズビッ バン!”・・・“DJ OZMA”に飲ませたくなります・・・(爆)。

■「原酒 なしか!」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)40度・・・ドライ濃醇タイプ
 クールでフレーバーなアルコール香を発し、全麹の甘味がビヴィットに口中で拡散して味わえる濃醇タイプ。痺れるようにシャープに響くドライなトロミを氷解しながら、キレまでクールな原酒の優品。




c0001578_0234536.jpgコンビニのおつまみコーナーで見つけた・・・“牛蒡天”・・・。

“摘み揚げ天”のようなコロモを覆っていますから・・・持ち帰って“オーブン”で再加熱・・・ちょっと、脂っ気も落ちて・・・カリカリ感もありますし・・・美味、ビバ!・・・。

噛みつけば・・・この牛蒡の香りが、口中に立ち込めてしまうような味わい・・・“食物繊維”っぽい奥歯にあたる食感と苦味が・・・金曜日の夜の晩酌を引き締めてくれます・・・。

“口直し”のように箸で摘む“紅生姜”・・・これも、生姜繊維に・・・シンプルな酢酸味の食感・・・。

こんな金曜日の夜・・・美味しい生活・・・FRIDAY ナイト“ファイバー ”・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-06-16 23:59 | 大分麦焼酎
<< 清らかスープとキムチの辛味・・... 下町の“あんぱん”・・・「友永パン」 >>