清らかスープとキムチの辛味・・・アリラン「冷麺」
車のボンネットは“熱い”・・・仕事場は“暑い”・・・田植えが終って晴れると・・・もう夏の日差しですね・・・。あと一ヶ月もすると“入道雲”かと・・・そんな天気でした・・・。

c0001578_291994.jpg別府の隠れた“麺食名物”・・・“だんご汁”でもなく“やせうま”でもなく・・・“和風ちゃんぽん”でもない麺食と言えば・・・“現圧麺”の「冷麺」、「温麺」・・・だと、勝手に思っている私・・・(笑)。

これまでに・・・“きりん亭”、“胡月”、“六盛”、“大陸”、“モランボン”と・・・それなりに食べてはいるんですが・・・ジミー荒川さんのHP“現圧冷麺”でも採り上げられた・・・もうひとつの“別府冷麺”を食べてみました・・・。

F.C.チェーンの焼肉“亜李蘭”とは違って・・・別府では老舗の“焼肉”名店でもある・・・“アリラン”の「冷麺」・・・。

中央に積み重なる“具”は・・・一番下が“キムチ”で、その上に“冷チャーシュー”・・・そして“錦糸卵”に“葱”と“白胡麻”・・・。

清らかに澄みわたるスープは・・・あっさりした“透明感”があります・・・スッキリした口あたりの・・・涼しいコク冷たさが絶妙です・・・。

ご自慢の“現圧麺”は・・・ご覧のとおり、この艶やかな“透明感”ですので・・・麺の中に入る“蕎麦粉”が少ないことがわかります・・・。
麺のコシというか“麺弾性”は・・・噛み切れるタイプのムチムチ感・・・。

スープも麺も・・・スッキリ、アッサリが身上の清らかな味わいは・・・焼肉と一緒に食しても・・・焼肉の“脂っこさ”を清めるようです・・・。

焼肉は・・・“タン”と“マクミ”・・・どちらも軽く“塩ダレ”に潜らせて・・・。
(仕事帰りなので、飲めなかったんですが)・・・これには・・・プレーンな甲類の“酎ハイ”がほしかったっす・・・(笑)。

■冷麺:焼肉 アリラン/別府市北浜 (海門寺公園隣)




c0001578_293091.jpg重なる“具”を崩せば・・・この“赤いキムチ”が現れます・・・。

この“唐辛子”が溶け入るように・・・スープを真っ赤に染めるのですが・・・想像したほど辛くなく・・・旨辛コクが広がる感じに落ち着きます・・・。

“激辛”がお好みの方は・・・別メニュー“ビビム麺のMAX8倍”をどうぞ・・・(笑)。

いやぁ~・・・韓国焼肉の一メニューにある“別府冷麺”・・・個性があって、まだまだ・・・食べてみたいですね・・・。

別府の麺類検索のポータルサイト・・・“Google”をパロッた“Noodle”は・・・参考になります・・・。
by project-beppin | 2006-06-20 02:10 | 美食の街
<< 豊後歳時記・・・梅雨の野花 “ナシカ!”の“酎上絵”・・・... >>