柔らかく飲める“大分割り”・・・「大分んもん」
一日に7杯もの“丼物”・・・“酢香丼”、“野丼”、“手歩丼”・・・こんなに日本海に食らわされると“威嚇超”ですね・・・。いくら“毒菜”が好きでもこれほど偏食が続くと良くありません・・・ちゃんと“青菜”を“一杯”与えないと・・・。

c0001578_12915.jpgこんな“きな臭い”話は・・・ニュース解説に任せて・・・“七夕”の夜ですから・・・“彦星”と“織姫”の“逢瀬”に想いを寄せましょう・・・。

♪ 笹の葉
 さ~らさら               
 軒端に揺れる                   
 お星さ~ま
 き~らきら                 
 金銀すなご♪
(唱歌:たなばたさま)               

遅く帰った我が家の“彦星”(私)・・・“織姫”(女房殿)の“仰せ”のとおり・・・シャワーを浴びてさっぱりした気分で“晩酌”・・・。

やまと芋と鰤身の“やまかけリュウキュウ”と・・・“野菜の天ぷら”・・・旨そうです・・・。

疲れを癒す“一杯”の至福を・・・すっきりとクイクイ飲みたかったので・・・『大分んもん』20°を7:3の“白湯割り”にして・・・かぼす果汁を数滴垂らして・・・“大分割り”です・・・。

氷を入れないのは・・・清酒の“冷や”の感覚・・・冷やしすぎないことで、かぼす果汁の酸味を穏やかにして・・・ドライな麦焼酎独特の甘味を最大限引き出す飲み方・・・。ゆっくりクイクイ料理と一緒に飲む時に・・・丁度合ってるんです・・・。

穏やかな“果実香”が漂う感じの甘みをもっているこの焼酎・・・もともと20°ですから、ドライ系の中でも“シャープ”というより・・・“ソフト”な口あたりに甘旨みがのっていて・・・おとなしい鼻抜けに安堵できますし・・・舌先で転がしても“すぅ~”と滲みこむような透明感があります・・・。

“かぼす果汁”はほんの数滴・・・入れ“過ぎない”方が美味しいです・・・。

ソフトなドライ系20°「大分んもん」と“白湯(さゆ)”で・・・氷のない“水割り”・・・夏の夜の“ゆっくり晩酌”には・・・焼酎の味わいを楽しむ“ベスト・カップル”だと思います・・・。

■「大分んもん」(藤居醸造:豊後大野市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 穏やかな甘い果実のような香りを漂わせ、円醇な甘みが柔らかい口あたりと味わえる旨さの喉越しに安らぐ淡麗タイプ。味わいを持ちながらも、染み渡るような透明感が印象深い優品。




c0001578_1291641.jpg“やまかけリュウキュウ”・・・粘り気の強いやまと芋に・・・脂ののった鰤身・・・口中でヌルッと滑りながら・・・淡く香る醤油と山葵が・・・ツンッと鼻に抜けてゆく旨さ・・・。


c0001578_1293021.jpg“野菜の天ぷら”・・・揚げたてですから・・・サクッと歯切れのいい“蓮根天”と・・・夏野菜の“茄子天”と・・・青味のしっかりした“ピーマン天”・・・。

出汁醤油をつけながら野菜自体の食感と旨さを味わう・・・濃いめの醤油が好い感じ・・・。
by project-beppin | 2006-07-08 12:11 | 大分麦焼酎
<< “大分の焼酎100選”と・・・... 香りの美吟“グラッパ”・・・純... >>