“ストレート & シングル”フレーバー・・・「銀座のすずめ 琥珀」
“9.11”から5年目の報道番組を見ながら・・・考えさせられました・・・。ABCのアンカーマン“ピーター・ジェニングス”氏の言葉・・・「ただ一つの“真実”というものはない」・・・「コインを手に取るとその“裏”まで見たくなるんです。」・・・。

c0001578_114279.jpgその言葉を・・・何処まで受け止めることができるか?・・・と、(自分自身に)問いかけてしまいます・・・。

そんな番組を見ながら・・・“肉・野菜炒め”をアテに・・・“開封”した“樽モノ”麦焼酎を飲み始めました・・・『銀座のすずめ 琥珀』・・・。

ショットグラスで“生”のまま・・・味わってから・・・グビグビ飲める“ソーダ割り”へと・・・。

“ストレート”な樽香・・・軽いようで味わい深さが感じ取れるシャープに放たれた匂い立ち・・・。

口に含めば・・・鼻腔へと拡散するナイーブな甘旨みとシャープなホロ苦さの“シングル”フレーバー・・・喉越しも、味わいの“奥行き”を楽しむとよりも・・・キレのいいスムースな“樽旨味”を楽しむ味わい・・・。

“ソーダ割り”では・・・“炭酸ナイズ”されたドライな爽快感を・・・。

この後にもう一杯・・・ショットグラスに氷を1個で“ショット・ロック”にしましたが・・・これが“正解”でした・・・淡く甘さが引き立ちます・・・。この樽貯蔵焼酎の“真骨頂”は・・・断然“ロック”でした・・・。

■「銀座のすずめ 琥珀」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 軽快でストレートな樽香に潜む味わいは、ナイーブな甘旨みとシャープなホロ苦さが率直に味わえるウィスキータイプ。キレのいいスムースな旨味に甘さが引き立つロックがおススメの優品。




c0001578_115369.jpg“肉・野菜炒め”・・・牛肉入りでタレ炒めですから・・・少しばかり濃口の味わいが載っています・・・。

味が濃いから・・・“ソーダ割り”のドライな爽快感が欲しかったのですが・・・もう一つでした・・・。

これは・・・取り合わせの“嗜好”が合わなかったということ・・・。


c0001578_12461.jpgこの後もついつい・・・“ショット・ロック”を立て続けに3杯・・・やっぱり、この焼酎は“食中晩酌”というより・・・“プライベート・タイム”を楽しむ焼酎です・・・。

氷が解けないうちに飲みきる“ショット・ロック”を数杯・・・これは、メチャメチャ旨いですよ・・・。
by project-beppin | 2006-09-12 01:02 | 大分麦焼酎 | Comments(7)
Commented by mayu at 2006-09-12 19:47 x
こんばんは。
ブログへのコメント及びTBありがとうございます。

このお酒はバーボン樽で寝かせてますからねぇ。
ウイスキー派には超お勧めの焼酎なのです。

最近全然飲んでなかったけど
今夜は飲むことにしました!!!

琥珀LOVEなmayuでした(笑)
Commented by mayu at 2006-09-12 19:54 x
先ほどのコメント、URL間違えちゃいました。
お酒関係はこっちのURLでした。

<(_ _)>
Commented by tatinomi1 at 2006-09-13 00:33
この焼酎。まさに東京銀座の店に照準。
3年ほど前、大分空港でキャンペーンに遭遇。

八鹿さんとは、この9,10の
OBSタイアップ「なしかフエア」で
お世話になりました。

黄色い「なしか焼酎」は、販促に最高です。
ワイは「雀さんよりなしか」が好きです。


なしか?
Commented by 酎州大分 at 2006-09-13 01:32 x
mayuさん・・・“ウイスキー派には超お勧めの焼酎”・・・と絶賛してくださっていたんですね・・・。

この焼酎も旨いですが・・・もっと旨いウィスキータイプの焼酎があるかも?・・・。

“琥珀LOVE”・・・という告白・・・ありがとうございます・・・(笑)。
私は・・・この手の味わいの焼酎なら・・・『古樽楽』ですね・・・。(このブログコンテンツのエントリーにも過去、記載してますから・・・暇があれば探して読んでね・・・)
Commented by 酎州大分 at 2006-09-13 01:41 x
師匠・・・“なしかフェア”ご苦労様でした・・・。

その通り・・・圏外人用という売り方ですね・・・。
>東京銀座の店に照準・・・ですが・・・

新宿に行って飲み屋に入れば・・・“銀座”の部分に“新宿”のシールを貼ってご提供しているという始末・・・。

地霊派は・・・“なしか”でしょうね・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2006-09-13 23:41 x
大分放送、八鹿酒造さんに大変おせわになり
「なしかフエア」大成功。

ワンカップの黄色い焼酎があれほど喜ばれるとは。
これは、「味を超えた」不思議があります。

大分・別府であれほど目立つ「なしか焼酎」
県南ではさっぱり。二階堂さんが人気ですねえ。

でもややこしい「ナスカ展」。なしか?
Commented by 酎州大分 at 2006-09-14 23:46 x
HAKUDOU師匠・・・なしかフェア・・・成功おめでとうございます・・・。

ワンカップなしか・・・あの“ばかご”のキャッチコピーも“地霊文化”ですね・・・不思議なほど愛着がわきますよ・・・(笑)。

いいちこも二階堂もワンカップはありませんからね・・・なしかは“第三の麦”と名乗りながら・・・地場ワンカップ焼酎では・・・第一かも・・・。

ナスカ展・・・大分の芸術会館で12月からですね・・・。

“木偶”の鉢盛りの地霊料理も・・・茄子加点・・・ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “三隈川”情緒・・・屋形船桟橋 柔らかなコクの辛旨口・・・豊艶... >>