辛口のキレが冴える・・・辛醇「特別純米 八鹿」
昨夜・・・“台風接近”の報道を気にしながら・・・懐中電灯ほかの電池のチェックをする女房殿・・・。“嵐の前の静けさ”といった感じの夜・・・。

c0001578_14425722.jpg「あんまり、たくさん飲みすぎないでよぉ~」・・・台風の直撃コースが北部九州となると・・・来るべき“備え”は・・・オヤジの“飲みシロ”にも影響します・・・。

昨夜は・・・“鯵フライ”にゆずポン酢をかけて・・・あとは“肉じゃが”と“冷奴”・・・。

チョットだけと言われれば・・・冷蔵庫の中から清酒“カップ酒”第2弾・・・『特別純米 八鹿』・・・。

ゆったりと漂う醸し香・・・舌先から喉もとへと過ぎてゆく旨さは正統派の淡辛口・・・コクが嫌味にならないうちに・・・滋味な辛旨さが味わいとなって・・・喉越しに冴えわたるキレを残しながら過ぎてゆきます・・・。

このあと・・・2階のバルコニーの“物干し竿”や“すのこ”を取り込んで・・・テレビで放映されていた映画版「電車男」を見ていました・・・。

(今17日(日)15時前ですが・・・上空の雲の流れはいつもと逆方向で早いですが・・・時より、雨が強く打ちつける感じ・・・風は、まだ強くありません・・・。)




c0001578_002162.jpg“鯵フライ”・・・開いた鯵をカラッと揚げたて・・・ポン酢がコロモに滲みて・・・柔らかくなって脂っ気を感じずにサッパリした旨さが・・・好いですね・・・。

できれば・・・大根オロシが欲しかった・・・(笑)。


c0001578_003641.jpg“肉じゃが”・・・女房殿は、よく“糸コンニャク”と一緒に煮込んでくれます・・・。

この牛肉とじゃが芋の旨味をまとった“糸コンニャク”が・・・意外と旨かったりします・・・(笑)。


c0001578_004932.jpg“特別純米”の山田錦の精米歩合60%・・・やや辛口のキレが印象的でした・・・。
by project-beppin | 2006-09-17 14:44 | 大分地霊の酒 ect.
<< “旨口”清水の如く・・・清純「... 河畔酒宴・・・晩夏の“鮎づくし” >>