スムースなバランスとキレ・・・「ふしぎ屋」
いつものようにドアを開けて・・・焼酎と肴で飲みたいなぁ・・・居酒屋にご出勤です。

c0001578_0473527.jpgまずは、肴を注文しておきましょう・・・鳥天、小ふぐの唐揚げ、馬刺し、カンパチの刺身・・・まぁ、私の定番の肴ですが・・・。

で、ガツン濃厚タイプの麦を“ロック”で・・・ですね。今日は、ちょっと甘めの香ばしさが旨い・・・『ふしぎ屋』にしましょう。

香りは、ほのかな甘い香りの後に芳ばしさが混じります。
口に含んでもアルコール感の刺激は少なく甘旨味が先立ちます。
喉越しも、氷の冷たさで、甘みが先立つ旨味でしっかりしていて雑味もありませんし、喉越しのアルコール感は、穏やかですね。

ガツン系ではありますが・・・クセとして強調されていないスムースなバランス・・・甘旨味が柔らかいところが・・・好いですねぇ。

■「ふしぎ屋」(藤居酒造:大野郡/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
甘さの先立つ芳ばしい香り。しっかりしたコクのある甘旨みが柔らかい喉越しとなる濃厚タイプ。アルコール感の刺激がほとんどないので芳醇な旨みとキレのいい余韻を楽しめる上品さ。
by project-beppin | 2005-01-28 00:49 | 大分麦焼酎 | Comments(9)
Commented by takachen at 2005-01-28 12:15 x
うを!これ飲みたいです!
藤居醸造ファンとしてはなんとしても。
Commented by 酎州大分 at 2005-01-28 12:33 x
takachenさん、残念ながら・・・特蒸泰明とか舞香の藤居醸造さん(千歳村)とは蔵の違う藤居酒造(野津町)さんの銘柄です。しかし、古くからの関係ある蔵同士でしょうから、是非とも飲んでみてください。
Commented by takachen at 2005-01-28 22:56 x
ああ、そうなんですね。とんだ勘違い。
でも、ガツン系でありながらスムースな味わい
甘旨味が柔らかい、とくればもろに私の好みです。
東京在住者には入手が通信販売しかないですね~。
頑張って探してみます。
実家に頼んで送ってもらうか・・・。
Commented by キング at 2005-03-01 00:06 x
今晩は都内練馬から、ふしぎ屋でやってます。
この焼酎、本当にふしぎな香り。これぞガツン系なんでしょうね。
なんと言うか、子供の頃、駄菓子屋でかいだ匂いがほんのりと。
ふしぎな懐かしさを感じ、旨さに涙しています。
本日のつまみは、太刀の浜焼き。 これも大分産。
焦がしてしまってカリカリなのがあるけど、これもまたいける。
かなり酔っちゃったかな?





Commented by 酎州大分 at 2005-03-01 01:10 x
ふしぎ屋の甘くほろ苦い香ばしさは・・・麦ならではですよね。
ロックだと甘さが先立ち、お湯割りだとほろ苦さを味わえるような気がして・・・外で飲むときは・・・一杯は飲みたいのがガツン濃厚タイプかもしれません。
太刀魚の焼物・・・銀鱗の中の汐の香のする白身・・・大根おろしとカボス醤油でいただくのも・・・確かに旨いもんです。(食いたくなってきました・・・。)
Commented by よかおとこです at 2007-08-19 00:26 x
ようやく「ふしぎ屋」が、我が家にお越しになりました!
やっぱり、「ふしぎ」じゃなくて「ふしぎ屋」でした(^^ゞ

こやつは、こっちの青一髪と同じ雰囲気を感じます。
あ~でも、オイの好みど真ん中(^o^)丿
香りと甘味がなんともよい!
まいったなぁ~、こげんこっちじゃ買えんのに、惚れたくはないんだけどなぁ~(*^-^*)
困ったなぁ~
大分の素敵なダンディなおじ様が、無理やり送りつけてくれんもんかなぁ~)^o^(
Commented by tatinomi1 at 2007-08-19 18:29
この夏の佐伯バラック生活。
18日折角のお誘い、行けずご無礼しました。
本当に、草刈、掃除、洗濯、食事と
普段全くしないことをやり、楽しみました。

結果、労働のあとの「味に四の五を言わん」
酒飲みオイさんが「三楽」を飲む気分がやっとわかりました。

25度の青いラベルの「ハイ 三楽」が最高!
凍る寸前まで冷やし、飲むと、こりゃあええ。

酒飲みオイさんの嗜好にはまりました、ワイ。
Commented by 酎州大分 at 2007-08-28 22:29 x
またまた、よかおとこさん・・・ふしぎ屋がやってきましたか・・・なかなか、バランスの好いガツン系でしょ!・・・こういうのが、実は晩酌向きだったりするんですよ・・・。

青一髪ですか・・・飲んだことございませんが・・・旨いと評判のようですね・・・垂涎モノです・・・。

香ばしさの甘みの柔らかな味わいが・・・この焼酎のなんとも奇麗なバランスですな・・・こっちじゃスーパーでもありますから、惚れてくれても高嶺の花にはなりませんから・・・ダイジョウブイ!・・・(笑)。

ほしがりますなぁ~・・・(爆)。
Commented by 酎州大分 at 2007-08-28 22:37 x
HAKUDOU師匠・・・盆も先日もお会いできず申し訳ない・・・深謝です。

やっとなんとか・・・こうやって飲みながら画面に向えるようになりました。師匠の雨月生活も充実した朝酒も垂涎モノで見ておりましたが・・・三楽とたこ焼も楽しみたかったなぁ~・・・辛い思いの夏でしたが・・・次回は是非、是非・・・。

ハイ三楽のブルーアイスの旨さ・・・この夏の暑さですから格別・・・こういう焼酎ワンカップを見目麗しく味わえる感覚・・・ある意味、プレミアはこちらでしょうね・・・。

雨月の夏・・・日本の夏・・・三楽の夏・・・ですな・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 無垢な焼酎・・・6銘柄(その3) 昭和っぽい路地裏散歩・・・焼酎看板 >>