“旨口”清水の如く・・・清純「わかぼたん」
台風13号・・・この“韋駄天台風”は、九州各地で“突風”による被害をもたらしたようで・・・被災された地域の方々には、一刻も早く不安なく暮らせる“日常”に戻られるよう・・・お祈りいたします・・・。

c0001578_1513925.jpg別府でも、夜19時ぐらいから雨よりも本格的な強風が吹き荒れましたが・・・何とか我が家は“備えあれば憂いなし”と願っていたとおり、大した被害も無く“一安心”でした・・・。

21時ごろ・・・上陸していた台風が海上に抜けたとの報道・・・
「飲んでもいいよ・・・。」と・・・“一安心”した女房殿の一言で・・・ありがたく晩酌・・・。

冷めてしまった“鰈煮付け”と夕食の残りの“野菜天”で・・・一杯・・・。

今夜は・・・あの三和酒類さんの清酒の定番銘柄ワンカップを飲みましょう・・・清酒“カップ酒”第3弾・・・『わかぼたん』・・・。

柔らかく膨らむ香り・・・口中で転がしても、すっきりとした口あたりに甘みのコクがありますし・・・清らかに純粋な旨口のキレも相まって・・・穏やかな喉越しとゆったりした余韻が楽しめます・・・。

気持ちの上でも・・・何事もなく“安堵”した気分で飲めるということもあってか・・・この清純な清酒風味に・・・素直に“旨い”と思うことができました・・・。




c0001578_1515359.jpg“鰈煮付け”・・・“生姜”と“葉葱”で一緒に煮付けると味がまとまって・・・箸でほぐした鰈の白い身を・・・甘辛い煮付け汁につけながら・・・。


c0001578_152570.jpg“野菜天”・・・茄子、蓮根、さつま芋などスーパーのお惣菜モノでしたが・・・醤油だし風味の餡かけが好かったです・・・。


c0001578_1521784.jpgこちらは“普通酒”・・・“糖添”こそありませんが、日常の酒として申し分無しでしょう・・・。

宇佐神宮の“御神酒”・・・宇佐の祭りの時には振舞われる清酒・・・地酒の文化として続いてほしい味わいでした・・・。
by project-beppin | 2006-09-18 01:53 | 大分地霊の酒 ect.
<< 無垢な焼酎・・・6銘柄(その13) 辛口のキレが冴える・・・辛醇「... >>