しっかりしたコク旨口・・・厚醇「好いちょん」
大分県下にも爪跡を残した“台風”が去って・・・めっきり過ごしやすくなりました・・・今日は“彼岸の入り”・・・“彼岸花”の時候がやってきましたね・・・。

c0001578_0494771.jpg帰って脱いだ上着を洗濯機へと持ち込みながら・・・「汗も、あんまりかかなくなったみたいねぇ・・・」と女房殿・・・。
「あぁ」と答えながら・・・食卓へと目を向けると・・・“野菜天”、“りゅうきゅう”、“納豆”の三品・・・。

清酒“カップ酒”を飲み始めると・・・ついつい続けて飲みたくなります・・・(笑)。
第4弾は・・・臼杵の久家本店さんの純米酒『好いちょん』・・・常温の“冷や”も旨いのですが・・・今夜は、久しぶりに“熱燗”・・・。

福与かに匂い発つ燗香・・・口中に含んで膨らむのは厚みを感じるコク甘さがしっかりとした旨口・・・“スイスイ”と飲めるというより・・・“クイクイ”と味わいながら飲むというタイプでしょう・・・。

ラベルのイメージよりも・・・味わいはしっかり・・・“りゅうきゅう”のマッタリ絡み合う味に・・・負けない“燗酒”らしさ・・・“コク厚み”がのっています・・・“燗冷まし”になっても・・・なかなか、好いです・・・。




c0001578_0503980.jpg“りゅうきゅう”・・・“ぶつ切り”のハマチの端身・・・濃口醤油と山葵でブッかき混ぜて・・・。


c0001578_0505416.jpgハイッ!即席でありながら・・・この魚身脂と絡んだ旨さは・・・結構、結構、大結構・・・。


c0001578_051676.jpgこのしっかりとした純米酒の旨さは・・・地元臼杵産の“ヒノヒカリ”という米の味わいなのか?・・・定番の「純米 一の井手」と飲み比べてみたいですね・・・。
by project-beppin | 2006-09-21 00:51 | 大分地霊の酒 ect.
<< “柔爽”な甘みで飲む“豊後ロッ... 無垢な焼酎・・・6銘柄(その13) >>