無垢な焼酎・・・6銘柄(その3)
今月、主に晩酌した麦焼酎ほかの銘柄をまとめてご紹介・・・
生で味わい、ロックで飲み、お湯割で酔う・・・以下。

■「KASUTORI」(小野酒造:大分郡/常圧:酒粕)25度・・・正調粕取焼酎
 正統な籾殻による蒸留、香りは吟香、辛甘さと籾殻醸し香味の荒旨味を持つ粕取焼酎。大吟醸の酒粕で醸した素朴な味わいと余韻は癖になる一品。
c0001578_10264211.jpg
■「唐変木(とうへんぼく)」(ぶんご銘醸:南海部郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ甘口タイプ
 甘い麹香が柔らかで、麦麹の甘みとコクを際立たせた個性的な甘口タイプ。喉越しと後口に軽い刺激を残しながらもコクのある無濾過の個性派。
■「麦香醉(ばっかす)」(小手川酒造:臼杵市/常圧:麦・麦麹)25度・・・トロっと甘口タイプ
 裸麦、鉄釜蒸し、黒麹、杉樽の木桶蒸留、三年長期貯蔵。軽やかな麹香、甘みとキレのいい甘口タイプ。喉越しも後口も甘くやさしい優品。
■「おへま」(麻生本店:大分郡/常圧:麦・麦麹)25度・・・スムース旨口タイプ
 麦の芳香も豊か、柔らかくほのかな甘さにおとなしいアルコール感の旨口タイプ。本来の麦らしい香りと優しい甘苦さは格別。
■「酔っちょくれ」(久保酒造場:宇佐市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 ストレートな芳ばしい香りと麦旨さ。しっかりしたホロ苦いアルコール感、きれいな喉越しと余韻の濃厚タイプ。ピュアな旨味とキレのいい余韻が純粋。
■「兼八」(四ツ谷酒造:宇佐市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 深く甘い麦香、ホロ苦いコクの奥行き、そのあとに重なる甘苦い旨さの際立つ濃厚タイプ。芳醇な香りと苦旨さ、甘旨さ、キレのあるアルコール感のバランスは、麦のダンディズムの象徴。
by project-beppin | 2005-01-29 10:28 | 晩酌焼酎(INDEX)
<< カボスを絞って・・・スッキリ酔... スムースなバランスとキレ・・・... >>