嗚呼!ふぐ会席・・・その壱:『ふぐ皮の肝和え』
私は今日から忘年会が、はじまりました。・・・美味い料理をご紹介します。
本日からは、3回にわたって、大分名物“ふぐ会席”の特集です。

c0001578_22493347.jpg座って、まずはビールですね・・・乾杯~・・・グビッ、ふ~っ~う、旨いっ!

さてと、あぁっ!・・・“ふぐ皮の肝和え”・・・1年ぶりですね。
ポン酢タレに浸って耀いてます。・・・まずは一口・・・く~っ、旨め~。

確かに、ふぐ皮です・・・このコリコリ感は、他の食材で味わったことがありません。肝も大きいし、淡白でありながら濃い旨みが出ています・・・何の肝かなんて・・・どうでもいいぐらい美味。

噛む・・・コリッコリッ・・・あっ、肝の旨みが広がった・・・呑み込んでも、喉を皮と肝汁が交互に通るのが味覚と触覚で感じられます。ビールをグビッ!皮をコリッ!肝も・・・く~っ!・・・悶絶~

(つづく)
by project-beppin | 2004-12-08 22:56 | 美食の街
<< 嗚呼!ふぐ会席・・・その弐:『... 3つの個性がつくり出す・・・「... >>