兼八だけではありませんぞ!・・・「常圧蒸留 常蔵」
多くの人が、兼八を絶賛していますね・・・
過去のエキサイトイズムでも・・・

これまでの麦焼酎の味覚原体験は、いいちこや壱岐焼酎でしたから、味わいは確かに印象的ですね。私もこのガツン濃厚タイプは大好きです!・・・で、私のイチオシは『常圧蒸留 常蔵』。

■「常圧蒸留 常蔵」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
c0001578_1036032.jpg
開 封:麦のすごく豊かな香りで、甘い風味の予感です。香りだけ嗅いでも、期待できます。

生  :まろやかで濃く深い麦の甘さ。芳醇な香りと味わいの深いコク。のどと鼻に甘みを伴いながらジワーとくるアルコール感、この余韻がたまりません。

ロック:生よりも香りはおとなしくなりますが麦の甘みはしっかりしています。氷が溶け出してから少しずつ薄まっても、コクと味わいはしっかりしていて飲みやすい。私はお湯割よりも、ロックをお奨めしたい。

麦の香ばしい甘さの余韻は、兼八より脳裏に焼きつきます。兼八を正価で買えるなら、迷うところですが、コストパフォーマンスでは負けず劣らずの飲みやすい麦の新たな個性を感じる良い焼酎です。
by project-beppin | 2004-11-27 10:36 | 大分麦焼酎
<< 「耶馬美人」の歴史的銘柄 アジの刺身と・・・「岡城」 >>