一枚岩の清流に映る紅葉・・・岳切渓谷
“宇佐神宮”から一路・・・R357号線で“石橋”で有名な“旧 院内町”へ・・・さらに、県道27号線へ入り“龍岩寺”を過ぎて・・・耶馬渓方面に向いながら・・・山肌を上るように車を走らせると・・・“椎屋耶馬渓”にほど近い静寂な“岳切(たっきり)渓谷”にたどり着きます・・・。

c0001578_236035.jpg

c0001578_2365865.jpg岳切渓谷”・・・耶馬溪溶岩の造る“一枚岩”の平滑な岩盤の川底・・・川幅約5~10m、水深10~20cmの清流が・・・長さ約2kmに渡って続く・・・珍しい渓谷です・・・。

夏には、子ども達が“沢遊び”できるキャンプ場として人気があるこの渓谷も・・・秋には、モミジやコナラ等の広葉樹が色付く“紅葉の沢歩き”が楽しめます・・・。

この日は、夕方近くになっていましたので・・・降りそそぐ太陽に照らし出された紅葉を・・・岩盤の清流に映す光景は・・・見ることができませんでしたが・・・それでも、緑から変化する黄、橙、赤の“五彩のグラデーション”をゆっくり“独り占め”することができました・・・。

深耶馬渓”や“奥耶馬渓”、“裏耶馬渓”をはじめ・・・“由布川渓谷”などとは・・・一味違ったこの“紅葉の沢歩き”・・・落葉がせせらぎに流れる様も・・・美しき秋・・・です・・・。




c0001578_23719100.jpg駐車場から・・・“岳切渓谷”のキャンプ場の入口に向って進むと・・・紅葉が迎えてくれます・・・。


c0001578_2373146.jpgキャンプ場の手前で、このとおり、すでに川幅も広がり・・・滑るように流れる水面・・・。


c0001578_237455.jpg誰もいないキャンプ広場で色付くモミジ・・・。


c0001578_2387100.jpgここから約1.5kmが“紅葉の沢歩き”・・・その秋の沢の風景を順にご覧ください・・・。


c0001578_2385691.jpg

c0001578_239833.jpg

c0001578_2394499.jpg

c0001578_201202.jpg

c0001578_24010100.jpg

c0001578_2403322.jpg

c0001578_240493.jpg

c0001578_241684.jpg

c0001578_241241.jpgそして・・・ここが行き止まり・・・落差27mの“大飛の滝”

c0001578_2414158.jpg滝壷を覗くと・・・紅葉がさらに綺麗・・・。


c0001578_2415650.jpgこの色付く“五彩のグラデーション”・・・。


c0001578_2421518.jpgまた、渓谷の入口では・・・“大分の名水15選”に選ばれた“湧水”を汲むことができます・・・。
by project-beppin | 2006-11-26 02:43 | 大分の風土・行楽
<< 淑やかに和む甘口・・・聖醸「民潮」 “大分味一ねぎ”の旨みが充分・... >>